W(ダブル)不倫の別れのきっかけは『罪悪感』?『家族バレ』?

W不倫

ハマると中毒性が高く、結婚生活そっちのけでのめり込んでしまうことも多いという「W不倫」。

特に、お互いに家庭を持つW不倫の場合には、なおさら別れは突然やってくるとも言われています。

それにしても、急に「別れよう」と言われたらやはりショックですよね。

その時のために、心の準備だけでもなんとなくしておきたいもの。W不倫は、どういう理由がきっかけで別れることになるのでしょうか?

  • 結婚相手や周囲にバレそうになった
  • 結婚相手への罪悪感が強くなった
  • 結婚相手と同じように、関係が冷めてしまった
  • W不倫相手の気持ちが重たくなった
  • 結婚生活と不倫相手を比べた結果、前者をとる選択をした
  • 子どもが欲しいと考えるようになった
  • 物理的に会うことができなくなった
スポンサーリンク

結婚相手や周囲にバレそうになった

やはり、不倫が終わるきっかけとして多いのが「他の人にバレそうになった」という理由でしょう。

「結婚相手に目撃されそうになった」「不倫相手といるところを友人に見られそうになった」など、そのリスクと直面してみてはじめて後悔する人もいるようです。

結婚相手への罪悪感が強くなった

相手に押し切られるようにして不倫をスタートさせた人に多いパターンですが、やはり「結婚しているパートナーに悪い」「申し訳ない」という気持ちが強すぎる場合、その関係は長く続きません。

30代主婦です。1年半、30代既婚男性とW不倫していました。

しかし、先のない関係、お互いの家庭に対する罪悪感、行き詰まる気持ち…

耐えきれなくなり、この年末年始の会えない時間を利用し、お別れすることを決意しました。
出典: 1年半、30代既婚男性とW不倫していました – Yahoo!知恵袋

なかにはその背徳感がたまらない!という人もいますが、どうしても結婚相手の顔がちらついてしまい、不倫を続けられないという人もいるのです。

結婚相手と同じように、関係が冷めてしまった

異性に対して常に刺激を求めているようなタイプの人は、結婚相手に飽きて不倫に走ったように、すぐ不倫相手を乗り換えたり、増やしたりする傾向にあります。

ですから、その人にとって不倫相手が「物足りない」「つまらない」「飽きてしまった」と感じるような存在になったら、すぐに切り捨てられてしまうかもしれません。

こういう方にとっては、不倫相手は“使い捨て”の可能性すらあります。

もしかしたら、「他にもっと気になる人ができた」という場合もあるかもしれません。

W不倫相手の気持ちが重たくなった

「自分はライトな関係を楽しみたいのに、相手がどんどんのめり込んで家庭を顧みなくなってきた。それが怖い」と思われてしまい、関係を終わりにされてしまう人もいます。

自分の家庭も大事にしながら、不倫もしたい。いつまでも恋をしたい。

そういう人にとって、相手に執着するタイプの恋愛をする方は重たく取られる傾向が高いでしょう。

スポンサーリンク

結婚生活と不倫相手を比べた結果、前者をとる選択をした

W不倫をしている人のなかには「愛し合っているけれど別れを選ぶ」人もいます。

「やむを得ない事情で離婚はできない」「不倫相手も愛しているけれど、結婚相手を裏切れない」という理由から、不倫をやめる人もいます。

ダブル不倫相手に別れを告げられました。運命的なほど、彼とは全てがぴったりでした。

別れの理由は、お互いに夢中になりすぎて、彼がバレてしまいそうになったことがきっかけ。私達は職場が同じで、絶対にバレてはいけない関係だから。
出典: ダブル不倫相手に別れを告げられました – Yahoo!知恵袋

お互いの家庭を傷付けたり、憎しみ合ったりする前にきれいに別れたい。
そう考えるようになるのも自然の摂理です。

子どもが欲しいと考えるようになった

子どもが欲しいと考えるようになった場合にも、不倫をやめる人がいます。

不倫相手と関係を持っている場合ではない、パートナーのもとへ帰らなければいけないという危機感が湧くのでしょう。
子どもは作ろうと思ってすぐできるものではありません。

夫婦で過ごす時間を作り、ゆっくり過ごしながら子どもを作りたい。

そのためには、不倫関係を清算したほうがいいだろうという判断でしょう。

物理的に会うことができなくなった

不倫の関係にもいろいろあります。

毎日のように密会する不倫カップルもいれば、普段は離れたところに住んでいるけれど、会った時には必ず関係を持つカップルもいるかもしれません。

ですが、基本的には「近所に住んでいる」「職場が一緒である」ように、関係性が近いW不倫カップルがほとんどです。

そのため、「引っ越すことになった」「異動になった」という理由から、なかなか顔を合わせる機会がなくなり、自然と関係も消滅したというカップルもいます。

これ以外にも、このようなケースも考えられます。

  • 病気をしてしまい、体力的に会うことができない
  • パートナーや家族の病気、ケガの看病や介護問題で外出できない
  • 仕事が忙しくなって、時間的な余裕がない

別れを告げられたほうの方のなかには「突然別れようと言われても納得できない」「別れたくない」という気持ちを持つ方もいるかもしれません。

しかし、上記の理由のどれもが、簡単に解決できる問題ではありません。

「相手の気持ちが冷めてしまった」「あなたのことを疎ましく思った」「家庭を選んだ」といったどの理由についても、もうどうにもできないでしょう。

おとなしく別れを受け入れ、結婚相手を大切にしてあげることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事