年下彼氏との付き合いがうまくいく秘訣

年下彼氏との付き合い方

年下の彼氏をお持ちの大人女子の皆さん!
年下の彼氏の扱いに困ったりはしていませんか?

可愛くて、何でもしてあげたくなっちゃう年下の男性

でも付き合っていると、段々と自分がお母さんのような状態になり、付き合いが上手く行かなくなってしまう人も結構いるようです。

年下の男性とお付き合いするためには、いくつか知っておきたいポイントがあります。そのポイントを抑えるだけで年下彼氏とのお付き合いが驚くほどスムーズに進むようになるんですよ!

これからもずっと今付き合っている年下彼氏と仲良くいるために。今回は、年下の彼氏と上手に付き合う3つの秘訣をお伝えします。

  • 自分と彼氏は同じ年齢だと思う
  • デートの支払いは割り勘以上を目安に
  • ジェネレーションギャップは上手に埋めて行こう!
スポンサーリンク

1.自分と彼氏は同じ年齢だと思う

これは女性側の意識を変えることが大切です。

「私がしてあげなくちゃ」
「年下なんだから仕方が無い」

年下の男性とお付き合いしていると、女性はどうしても、このように彼氏の放漫っぷりを許してしまう傾向があるようです。

でも、年下だからなんでもやっていいわけではありませんし、お付き合いしている以上、年齢に差があっても対等の立場を守りましょう。

年下の彼氏が、年上の女性を好んで選ぶ場合、多少「怒られたい願望」を持って付き合っていますので、彼氏がワガママだったら笑って許すのではなく「ダメ!」とピッシリ言ってやることも大切です。

でも、あまりお説教臭くなると、「実家の母親みたい」なんて思われる原因になりますので注意が必要かも?

2.デートの支払いは割り勘以上を目安に

年下彼氏との付き合いで一番の論点に上がるのが「お金」の事ではないでしょうか?

「自分の方が年上だから支払いも多くしなくてはいけないの?」

なんて思う人もいるようですが、先ほどもお話ししたとおりお付き合いは「対等」です。そのため、デート代は割り勘以上出してくれる彼氏に育てる必要があります。

レストランのレジでは自分の分を先に彼に渡します。小銭などは彼に任せてしまっても良いでしょう。そして「支払いはお願いね」と頼んでしまいます。こうすればどんな男性でも、割り勘をせずには居られなくなるわけです。

付き合いが長くなれば、「たまにはご馳走して」などと甘えるのも可愛らしくていいですね!

ここで渋るような男性は危険です。

最初から「出してくれオーラぷんぷん」の男性は、年上の女性と付き合う事がイコールお金の出費を抑えられるからと考えている輩もいます。

そういう男性とは、できるだけ早く別れた方が身のためです。貴女のお金を全部吸い取られ、一文無しになったら「使えない」と捨てられるお金だけの女になってしまう可能性があるからです。

スポンサーリンク

3.ジェネレーションギャップは上手に埋めて行こう!

普段は年齢の事を忘れているあなたでも、会話をしている最中にふと会話がかみ合わなくなったり、解らない事を話されたりして「ジェネレーションギャップ」を感じる人もいるかもしれません。

「えっ、それ知らない・・・」
「やっぱり若いね~」

などと口にすると男性は「オバサン臭い」と感じてしまうようです。

彼氏との間にジェネレーションギャップを感じたら、自分の知らない知識として新しく取り入れるようにしてみましょう。例えば「え!知らなかった教えて!」という風に前向きに質問する事で、明るく可愛らしい女性を演出する事も可能です。

また、自分が知っていて相手が知らない事を伝える時は、「こんな事も知らないの?」という態度を取ってしまいがちですが、その態度は男性のプライドを傷つけます。

「これはねコレコレこうなんだよ!」と言う風に一生懸命伝えようとする姿で相手に接してみてください。

男性は、女性が何かを一生懸命している姿が大好きなので、必死に伝えようと頑張っている貴女の姿に「萌え」を感じ、かわいいなと感じるのです。

まとめ

今回は、年下の彼氏と上手に付き合う秘訣について3つお話ししました。

年下の男性が、年上の女性と付き合う場合、真剣に相手を思う気持ちが強ければ強いほどプライドも高くなってしまうものです。

「俺だって頑張れる!」
「年上の彼女に引け劣らない自分で居たい」

このように考える男性が殆どです。その気持ちを上手に汲み取り、見えないように男性のプライドを支えるサポートが出来るようになれば、年下とのお付き合いは上手く行きます。

あなたは年下男性から選ばれた、すごい女性なのです!自信をもって彼に引け目を感じる事なく堂々とお付き合いをしていってくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事