産後の便秘/原因と改善方法コレで解決!

産後の便秘 原因と改善

産後のママの体には、さまざまな変化が起きますが、「便秘」の症状は多くの方が経験をします。これまでは、便秘に悩まされることがなかった女性でも、産後は便秘の症状に悩まされがちです。

一般的に、産後の排便は3~4日後くらいから始まりますが、1週間以上便秘に悩まされてしまうこともよくあり、便秘が続くと子宮が元の状態に戻るための「子宮復古」が妨げられます。そのため、便秘が続くようなら、病院で適切な対処法を取ることが必要です。

では、一体どうして産後は便秘になりやすいのでしょうか?

これから出産を控えている方、現在産後の便秘に悩んでいる方は、産後の便秘原因や便秘を解消するための改善方法をチェックしておきましょう。

  • 産後に便秘になりやすくなる原因
  • 産後の便秘に下剤は使える?
  • 産後の便秘を改善する方法
スポンサーリンク

産後に便秘になりやすくなる原因

産後の便秘は、「便が硬くなりカチカチになっている」という方や「肛門のあたりに便が詰まって出てこない」といった症状を訴える方が多く、スッキリしない日々に悩まされがちです。

産後は、会陰切開や脱肛による痛みや縫合部分が開くのではないかという恐怖心によって、便意を我慢しがちです。便意を我慢すると直腸の感覚が鈍り、便意を感じにくくなります。

また、授乳中は体が水分不足に陥りやすいので、硬い便になりがちです。

産後は「睡眠不足、ストレス、運動不足、食生活の乱れ」などの複数の原因が重なりやすく、便秘の症状を悪化させてしまうのです。

便が直腸まで降りてきているにも関わらず、排便がない状態になると“出そうなのに出ない”という不快感に襲われます。滞ってしまった便は、水分がどんどん吸収され硬くなりますので、ひどい場合には自力で出すことが難しくなります。

最悪の場合には、便が腸で詰まり「腸閉塞」を引き起こすため、便秘が長引くようなら病院での適切な対処が必要となります。

スポンサーリンク

産後の便秘に下剤は使える?

産後の便秘がひどく、便秘を解消するために「下剤」を使用する方もいますが、

できるだけ授乳中の方は、下剤の使用を控えるようにしましょう。

薬を服用すれば、少なからず母乳にも成分が含まれてしまうため、赤ちゃんの下痢や吐き気の症状につながることもあります。また、下剤の使用は急激な腹痛が襲って来るため、産後の体には負担をかけることになります。

また、下剤に頼ってしまうと薬なしでは排便がしにくくなり、習慣化しやすいというデメリットもあります。そのため、できるだけ自然な排便ができるよう、乳酸菌で作られたビオフェルミンを活用したり、便秘を解消するための生活習慣を改善するようにしましょう。

長期的に便秘が続くようなヒドイ状態でしたら、病院にて「座薬」を処方してもらうことも可能です。出ないからといって無理に力んだりすると、痔になるため気を付けましょう。

産後の便秘を改善する方法

産後の便秘を改善するためには、生活習慣と食生活を見直してみましょう。産後は育児がスタートするため、慣れない子育てにストレスを抱えやすくなります。

赤ちゃんの面倒に追われて自分の事が後回しとなってしまいがちなのですが、ストレスや睡眠不足は、自律神経の働きが乱れますので、腸が疲れた状態となり動きが鈍くなります。便秘の症状を悪化させますので、睡眠を取り体を休めて、ストレスを少しでも解消するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事