彼女と別れたい時に使うべき理由、別れはスマートに

彼女と別れたい

彼女と別れたいと考えるようになった男性は、どのようにしたら、彼女を傷つけることなく円満に別れることができるのか?

このように悩む方も多いのではないでしょうか。ありのままの気持ちを彼女にぶつけても、大きなケンカとなったり、揉め事に発展してしまう事も…。

色々考え込むと、なかなか別れ話を切り出すのが難しいですよね。

そこで、彼女と上手く別れたい時に使うべき理由をご紹介したいと思います。

彼女のためにもズルズルとした気持ちを引きずらないよう、上手な別れ方をしましょう。

  • 自分に好きな人が出来た時
  • 彼女と合わないと感じた時
  • 彼女に飽きてしまった時
  • 彼女が面倒になった時
スポンサーリンク

自分に好きな人が出来た時

彼女以外に好きな女性が出来てしまった時に、真実をそのまま伝えてハッキリと別れを告げて女性に諦めてもらう事も優しさです。

しかし、すでに新しい女性との交際をスタートさせてしまった場合や好きな相手が彼女も知る人物である場合には、別の理由を伝えましょう。

大好きな彼に好きな人が出来てしまった場合、彼女の怒りの矛先は好きな女性に向くこともあります。

彼女がいるにも関わらず、他の女性に心が奪われてしまうのは、すでに彼女への気持ちが冷めていたからではないでしょうか?

性格、価値観の不一致など、心が離れてしまった根本的な原因を伝えても、彼女が納得してくれないようなら「気になる女性がいる」とだけ告げましょう。

万が一、彼女が知っている女性とお付き合いを始めた時は、交際を公にするのは数か月先にした方が新しい恋も上手くいきます。

彼女と合わないと感じた時

価値観、性格、趣味、金銭感覚などが合わない事が苦痛となった場合、

別れを告げても「ダメなところを直すので考え直してほしい」など、

自分の否を認めながらも別れないで欲しいと懇願される事もあります。

優しい男性は、つい「わかった」と彼女の要求を呑んでズルズルしてしまいがちですが、こうした要求を受け入れることは1回切りにしましょう。

最初のうちは、彼女も別れたくないために頑張るかもしれませんが、根本的な性格や価値観は簡単に直すことができません。

そのため、チャンスは1度切りにし、どうしても付き合っていく事が難しいと感じた場合は、これ以上付き合うことは無理であるとハッキリ伝え、一切の連絡を取らないようにしましょう。

優しさを見せずに、毅然とした態度が上手く別れるための重要なポイントです。

スポンサーリンク

彼女に飽きてしまった時

彼女と付き合ってみるとイメージが違ったり、マンネリした関係になると彼女に飽きてしまう事があります。

しかし、「飽きたから別れてほしい」というのは、まるで遊び人のような印象を与えてしまいます。

彼女にも失礼な上、男性の評判が周囲に下がる原因となるため控えましょう。

飽きてしまった女性には、自然と連絡が減ってしまうものですが、自然消滅はNG!きちんと別れを告げることが大切です。

連絡をしばらく取っていないため、男性からすれば一方的に別れていると思い込んでいても、彼女が別れを認めていなければトラブルの元になるので、きちんと言葉で別れを伝えるようにしましょう。

彼女が面倒になった時

かまってちゃん、ワガママ、過干渉、束縛などにより、彼女の存在が面倒になった場合には、直接会って別れを告げるとややこしくなります。

いわゆる重たい女と呼ばれる女性は、感情の起伏が激しく情緒不安定気味なので注意が必要です。

こうした彼女に対して、何をされるかわからないという理由から、別れを切り出すのが怖いと感じる男性も多いではないでしょうか?

怒りの感情をぶつけるタイプの女性は、いきなり別れを告げるのではなく、連絡を少しずつ減らし、彼女に別れを匂わせる事がポイントです。

距離を置くことから始め、「こんな男性とは別れる!」と女性の方から別れを考えさせることが目的です。

ですが、それでも別れ話が進まないようなら、じっくり考えた結果やはり付き合っていく事が無理であると伝えてください。

この時、変に相手に未練が残るような優しさは必要ありません。

自分なりに努力したがワガママや束縛などが限界であり、別れたい事をハッキリと伝えましょう。時間をかけて理解してもらえるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事