離婚時の財産分与、住宅ローンはどうなる!?

マイホーム

まずはマイホームについての事実確認を!

人生でも大きな買い物になるマイホーム。しかし、大きな金額が動くものだからこそ、離婚時には揉める要因にもなりがちです。揉め事の内訳は様々ですが、代表的なものが以下の3つのケースです。

・家がどちらのモノなのか?家の権利についての問題で揉めるケース
・家の権利とは別に誰が残って家に住むのかで揉めるケース
・住宅ローンの支払いで揉めるケース

住居は価値の高いものだからこそ様々な問題が起こります。

まずすべきことは、不動産の名義が誰のものになっているのか調べてみることです。

もしかしたら二人の共同財産ではなく、夫か妻が元々結婚前から持っていたマンションや持家かもしれません。当たり前ですが結婚前の資産というのは財産分与の対象ではありません。

まずは誰の名義になっているか、次に住宅ローンがまだ残っている場合はその契約内容についても詳しく調べなくてはなりません。とにかくまずは『家に関する事実をはっきりさせること』です。

二人で話してもわからないようなら、法務局に行けば不動産の登記簿謄本を取得することもできます。この登記簿謄本さえあれば大抵のことはわかりますから、何はともあれこちらを取りに行きましょう。

スポンサーリンク

離婚しても住宅ローンは終わらない!

当たり前ですが離婚して二人とも家を引き払って引っ越す!となったとしても、住宅ローンがそれと共に終了するという都合の良いルールはありません。

誰が住むにしても住宅ローンは支払い終わるまで払いつづけなくてはならないのです。住宅ローンに関してはキッチリしておかないと後々まで苦しめられることになります。

離婚後の住宅ローンが残っている家の処理に関しては大きく分けると、家に住み続ける方法、家を売却する方法の二種類があります。

住宅ローンも残っているしどうせ払うならと夫か妻のどちらかが住み続けるパターンの場合は、どちらが住宅ローンを支払っていくのか、家の名義をどうするのか等の問題は起こりますが、基本的には住宅ローンを支払って住宅に住み続けるという基本の形は変わりません。

住宅を売却しようとなったときはまずは住宅を売るための手続きを整えます。家の価値について調べてもらい、それが住宅ローンの残高よりも高いのか低いのかをまずは調べます。

住宅ローン残高は銀行で、家の価値については不動産屋にて調べてもらえます。

家の価値については不動産屋によって上下幅があるので、大手不動産屋なら無料で査定してくれるところもあるのでそうした無料査定をいくつか取り寄せると総合的な判断ができます。

あとは住宅ローンより家の価値が高ければ売って残金を夫と妻で分ければいいですし、もし家の価値が低くなったならその分を財産分与から差し引いていくことになります。

スポンサーリンク

住宅ローンも財産分与の対象になる

財産分与はプラスのものばかりでなく、当たり前ですがマイナスについてもキッチリ二人で割ることになります。

住宅ローンは財産分与の対象内ですから、家を売っても住宅ローンが残った場合にはその負債は二人で請け負うことになります。

それらのことを考慮して、まずは前述した不動産の登記簿謄本、住宅の価値やローンの残金などをしっかり確認することから始めましょう。

その結果を見て、二人で話し合って決めればいいのです。売るにしても、どちらかが住むにしてもメリット・デメリットの両方があります。いつまでも住宅のことで揉めないように、ここですべてカタをつけるような気持ちでいきましょう。

ただ、最初にお話したように元々相手の持ち家だった場合は話が別です。

結婚前の財産は財産分与の対象外ですから、相手が出て行ってほしいというなら素直に出て行かなければなりませんし、家を売るとしてもその権利を主張することはできません。

住宅関係の処理で大切なのは事実をはっきりとさせたうえで、二人で理論的に話をすることです。どうしても二人だけでは解決しないなという時は、お金のことですから弁護士などの専門家を入れて綺麗な解決法を模索した方が賢明です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事