嫁が嫌い!いっそのこと離婚したいと考える男性が急増中!

嫁を嫌う夫

あなたが嫁を嫌う理由は?

会社の同僚や友人と飲み会の席で、嫁の愚痴が話題になること多くないですか?(笑)そこで解消できる程度の「嫌い」なら大丈夫でしょう。盛り上がる話題でもありますしね。

離婚というのはやはり軽々しくすべきものではありません。離婚せずにすむなら、その方がよいでしょう。離婚は結婚より大変で、思ってるより体力を使います。

ただ、あなたの「嫁が嫌い!」という感情がとても深刻な場合、本当にもう結婚生活を続けていくのが限界と感じているのに、離婚するな!とはさすがに言えません。

一度きりの人生、離婚したほうが自分は幸せに生きていけると考えるのなら、離婚を選択するのもよいでしょう。

スポンサーリンク

結婚して嫁が変わった…あの頃の嫁は何処へ…

太った妻

カバのように太った妻が寝転がってポテチをポリポリなんて姿を見た夫が「はあっ」とため息、「昔はこんなんじゃなかった……」というのはおなじみのシーン。結婚して年を経てお互いに変わっていくのは仕方がないけれど、男性たちは、妻の外見に対して、こうはなってほしくない! と思うことがあるようです。

Q.結婚後に、こうなってもらいたくない! と思う妻の外見を教えてください。

1位 激太り……61.6%
2位 疲れた表情が多い……11.1%
3位 ムダ毛処理をしない……9.1%
4位 髪がぼさぼさ……6.1%
5位 化粧をしない……5.0%
6位 着るものが適当……3.0%
その他……4.0%

(出典:男性に聞く! 結婚後に、こうなったらイヤだ! と思う妻の外見は?- ネタりか)

このようなアンケート結果があります。

これは結婚する前の男性に聞いたアンケートですが、実際、結婚したあなたの奥さんはどうですか?あてはまる部分もあるのではないでしょうか。

女性は結婚後、子供を産んで母親意識が強くなり性格が変わったり、外見も以前のような可愛さはなく老化の部分に目がいく男性も多いようです。

そういったところから「嫁をもう女として見れない!」これは夫婦関係がうまくいかなくなる理由の大きな原因だと考えられます。

スポンサーリンク


嫁の見た目にげんなりする夫

嫁の見た目が嫌いなあなたへ

嫁の容姿が気に入らなくて離婚したいと思う男性はアンケートでもわかるように、多くいるようです。

昔は美しかった妻がぶくぶく太ってしまったり、加齢に伴って以前よりもみにくくなってしまったり、ただ人間が生きるということは=老化するということですから見た目が変化して当然です。

ここでポイントなのは、まずは見た目が嫌いなのか?その見た目に至った嫁のメンタルが嫌いなのか?をはっきりさせる必要があります。

例えば嫁が自己管理をせずお菓子や甘い物ばかり食べてぶくぶく太っているとき、自己管理できない自分に甘いところに一番の嫌悪感を覚えるというパターンもあるからです。

精神的なところに嫌いだと思う要因があるのならば、話し合いの時には見た目の話題には触れずに精神的な面のみに焦点を当てて話をしていった方が良いです。

ただ、純粋に嫁の加齢が許せず若い人が好きだと思うなら、それは嫁に問題があるのではなくあなた自身の問題になってきます。

鏡を見てみればわかると思いますが、嫁が歳を取るということはあなたも歳を取っているということです。

また自分は歳を取っていないのに嫁だけが歳を取っていると思うのならば、それはあなた自身が嫁を老けさせるようなことばかりしていた可能性もあります。


嫁の性格が嫌いなあなたへ

嫁の性格に辟易するという男性も非常に多いです。

女性側の性格が結婚前と変化してしまったりヒステリーであったりというケースの他に、妻が悪いわけではないけれども純粋に性格が合わないということもあります。いわゆる『性格の不一致』というやつですね。

性格が嫌いなら、どこが嫌いなのかをまず冷静になって考えてみましょう。

どこが嫌いと言い切れない方は、嫌いになったエピソードや生活態度といった細かなところから考えていくと答えの糸口が見えてくることもあります。

自分と合わないだけなのか、それとも周囲から見ても妻の性格がおかしいのかなど、ひとつひとつ丁寧に解決していきましょう。


嫁のモラハラ・DV

うちの嫁はモラハラ・DVの癖がある!?

モラルハラスメント被害者、ドメスティックバイオレンス被害者は女性が多いため、男性は自分がまさか被害者になっているのだと気が付いていない方もいらっしゃいます。

しかしあまりにも度を越えた嫁の干渉や暴力がある場合、それは男性であれ立派な被害者になるのです。

モラルハラスメントやDVの被害者は、無気力になってしまったり相手に依存させられてしまったりすることも多く、なかなか被害を認識できません。

嫁があまりにも様子がおかしいなと思った時は、一度ネット上などに無料でできる被害者診断などを試してみましょう。

もし自分が被害に有っていることがわかったら、証拠を集めて有利に離婚を薦めることも可能になります。被害に負けないように、勇気を出して動き出すことも大切です。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

嫁が嫌いな理由を考える夫

嫌いな理由を探るということは、相手を知るということに他なりません。相手を知ることは自分を知ることにもつながります。

まずは嫁と自分が置かれている状況、相手の性格、そして自分の心の動きを正しく把握しましょう。

浮気などの証拠集めが必要なスピード勝負でない限り、じっくりと離婚を期に自分を見つめなおすことは決して無駄にはなりません。

離婚がゴールでなく、離婚後も生活や人生は続いていくのです。今後の自分の為にもまずは『嫁が嫌い』の原因をしっかりと認識し、家庭や自分の問題について考えてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事