妊婦の食事で控えたい食べ物まとめ

妊婦の食事

妊娠中は赤ちゃんの分まで食べよう!と、お腹いっぱい食べてはいませんか?ママが食べたものは赤ちゃんに大きく影響を与えます。

栄養バランスの取れた食生活を心がけることが大切です。

ですが妊娠していない時には、栄養が豊富で健康的な食品であっても、妊娠中には控えた方が良いものがあります。

妊婦さんが控えたほうがいい食べ物
なぜ食べたらダメなの?
その理由までは知らなかった!

これからご紹介する中には、すでに知っているものあるかもしれません。でも、どうして控えた方がいいのか、その理由となるとあやふやな部分がでてきますよね。

ということで、今回は妊娠中に摂取すると、赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性がある食べ物をまとめてみました。

  • 妊娠中は控えた方が良いもの
  • 加熱をして食べた方が良いもの
  • 食べ過ぎると悪影響を及ぼすもの
  • まとめ
スポンサーリンク

妊娠中は控えた方が良い成分

アルコール

妊娠中のアルコールの摂取がNGであることは有名ですよね。アルコールを摂取すると血中のアルコール濃度が高くなりますので、胎内にいる赤ちゃんもお酒を飲んでいる状態となってしまいます。

そのため、妊娠中のママがアルコールを摂取すると「胎児性アルコール症候群」と呼ばれる発達障害や学習障害を引き起こします。

胎児性アルコール症候群

妊娠中の母親の飲酒は、胎児・乳児に対して低体重・顔面を中心とする奇形・脳障害などを引き起こす可能性があり、胎児性アルコール症候群と言われます。

胎児性アルコール症候群には治療法はなく、また少量の飲酒でも妊娠のどの時期でも生じる可能性があることから、妊娠中の女性は完全にお酒を止めるようにしましょう。
出典: 胎児性アルコール症候群 | e-ヘルスネット 情報提供

妊娠初期は、気づかずにお酒を摂取してしまう事もあるかと思いますが、妊娠がわかった後はアルコールを控えるようにしましょう。


カフェイン

カフェインには、胎児の中枢神経を覚醒させ、興奮させる作用があります。また、子宮内の胎児の発育が遅くなるリスクもあるため、1日の摂取目安量は300gまでとされています。

コーヒー以外にも、緑茶、紅茶、ウーロン茶、栄養ドリンクなどにもカフェインは含まれていますので、飲みすぎに注意をしましょう。

できるだけ妊娠中はノンカフェインの飲料を飲むようにしましょう。

加熱をして食べた方が良い食べ物

生もの

日本では、生で食べる食品が非常に多いのですが、生ものは「食中毒」のリスクが高まります。

また、マグロや鮭などの大型魚は水銀を含んでいますので、赤ちゃんの成長を妨げてしまいます。

そのため、魚は出来るだけ加熱したものを食べ、水銀を多く含む魚は週に1~2回程度の摂取量に抑えましょう。

魚以外にも、生卵には「サルモネラ菌」、生肉には「カンピロバクター」などのウイルスや菌が付着している事があるため、加熱調理をして食べるようにしてください。


スポンサーリンク


チーズカビ

ナチュラルチーズには、「リステリア菌」という菌が存在しています。妊娠していない人と比べ、妊娠中のママは20倍も感染しやすいと言われています。

妊婦さんが感染すると、胎盤を通して赤ちゃんに感染してしまいます。

早産・死産・新生児の髄膜炎などを引き起こす原因にもなると言われています。

ただしリステリア菌は熱に弱いため、ピザのように加熱したものなら心配いりません。

ちなみに、プロセスチーズは、加熱して作られるチーズのため食べても問題ありませんが、チーズは塩分が多いので食べ過ぎには気を付けましょう。

食べ過ぎると悪影響を及ぼすもの

インスタント・レトルト食品

インスタントやレトルト食品は、手軽に食べらるメリットがありますが、塩分や脂肪分が多く、化学調味料などが沢山使用されています。また、栄養価も低く、「妊娠高血圧症候群」のリスクが高まります。

「妊娠高血圧症候群」

以前は『妊娠中毒症』と言われていた症状で、妊娠20週以降、分娩後12週まで血圧の上昇、または、高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものではないものをいいます。

症状が悪化すると母子ともに危険なもの。体重管理や薄味でバランスのよい食生活、充分な休養を取るなどして予防します。
出典: 妊娠高血圧症候群 |プレママタウン

インスタントやレトルト食品を食べる際には、できるだけ野菜をプラスして栄養のバランスを高めましょう。

また、近頃は添加物が含まれていない体に優しいレトルト食品も販売されていますので、便利な商品は上手に活用するようにしましょう。


ファーストフードなど

ファーストフードなどのジャンクフードと呼ばれる食品も、インスタントやレトルト食品と同様に、塩分や脂肪分が多いので、食べ過ぎには注意が必要です。

絶対に食べてはいけないという訳ではないため、ハンバーガーやフライドポテトが食べたくなった時は、ストレスを溜めない程度に食べましょう。

マクドナルドなどのポテトは「トランス脂肪酸」が含まれますから、普段から気をつけたいですね。

「トランス脂肪酸」

トランス脂肪酸を過剰摂取すると動脈硬化を促進させ、それに伴う心臓疾患や脳血管障害、またアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくなどのアレルギー疾患のリスク要因になると指摘されています。
出典: 人体に深刻な危険をもたらすトランス脂肪酸が野放し | ビジネスジャーナル

ちなみに、ファーストフードでよく飲まれる「コーラ」には、カフェインが含まれていますので、こちらも飲みすぎには気を付けるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

絶対食べたらいけないわけではないけど、頻度が問題の食べ物だったり、生ものは感染症の危険があるので、加熱するなど調理法の問題であったりに気をつけないといけませんね。

逆に言えば、妊婦さんに積極的に摂ってほしい栄養素もあるのです。

  • 葉酸
  • カルシウム
  • 鉄分

こちらの栄養素は日本人の食生活で不足しがちな栄養素です。だから、妊婦さんは積極的に食事あるいはサプリメントで補う形で摂るようにしましょう。

また妊婦さんは高血圧・糖尿病になりやすいと言われています。塩分のとりすぎには十分注意しましょう。

妊娠中はこれらのことに気をつけて、お腹の中の赤ちゃんのことを考えた食生活を送り、元気な赤ちゃんを出産してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事