自分が嫌いで仕方がない!自分を好きになる方法4つ

自分が嫌いで仕方がない女性

自分の事が大嫌い・・と心の深い部分に人には言えない暗い気持ちを持っている人も実は結構多いんです。

自分の事が嫌いな人は人にも愛されません。

そのため、恋愛や人間関係をこじらせ余計に自分が嫌いになってしまう事もあるでしょう。

苦しい心から抜け出したいそんなささやかな光を求めている人に。今回は、自分を愛するための方法を4つお教えします。

  • 01.自分をしっかり許せていますか?
  • 02.自分のチャームポイントを見つけよう
  • 03.失敗を人のせいばかりにしていませんか?
  • 04.誰かに受け入れらる経験を積んでみよう
スポンサーリンク

01.自分をしっかり許せていますか?

完璧主義で、物事をきっちりこなしたいタイプの人は自分を好きになれません。

それはちゃんと出来ない自分が「クズでダメなヤツ」だと思い込んでしまうからです。

両親が厳しく、しつけをしっかりされてきた場合、「ちゃんと出来ないと怒られる」という深層心理が働き、出来ない自分に落ち込みます。

でも、人間って機械じゃありません。

気分の浮き沈みや、体の疲れそういったものが行動に反映されて上手く行かなくなる時だってあります。そういう時に自分をしっかり許せていますか?

自分を愛することは許す事です。ダメな自分もあなた本人なんです。

「今日はちゃんとできなかったけど、でも頑張ったから合格」と自分を認めてあげましょう。

02.自分のチャームポイントを見つけよう

自分の事が嫌いで仕方が無い人の多くは、自分の良い部分を見つけられない人です。いいですか?いいところが無い人間なんて一人も居ないんです。

たとえ周りと比べて顔が悪くても、笑い上戸で笑顔を絶やさないとか、スタイルは良くないけど、見た目は若く見えるとか。

自分のチャームポイントを出来るだけ探して見ましょう。自分のチャームポイントを探す事は恋愛においても大いに役立ちます。

自分のプラスの面を知る事は、男性に与えられる利点をしっかり理解していると同じ事。

「私はブスだけど!話の引き出しは多くて付き合うと楽しいわよ?」と明るく言いのける事ができるようになります。

03.失敗を人のせいばかりにしていませんか?

自分が嫌いという人の多くは、失敗を人のせいにばかりする人が多いです。

失敗したり、上手く行かなくなったりすることを他人のせいにして気持ちを紛らわそうとしてしまいます。

「顔が悪いのは両親のせい」「仕事のミスは○○さんの仕事が遅いせい」「恋人が出来ないの環境のせい」

そうやって自分は悪くない、自分は正しいと思い込もうとしているんです。

でも、それを繰り返しているうちは状況は何も変化しない・・本当はそろそろ気がつき初めているのではないでしょうか?

自分を愛するためには、自分と向き合う事。

これってちょっと辛い事かもしれません。嫌な性格の自分、弱い自分、そういうものと真っ向から目を合わせなくてはいけないからです。

でも、自分のダメな部分と向き合う事でしか見えない真実もあります。向き合ってから初めて自分の何が悪かったのかに気がつく事もできます。

そうなると状況がどんどん改善していくので、それが出来た自分を心から愛することができるようになるのです。

04.誰かに受け入れらる経験を積んでみよう

自分が嫌いになってしまう人は、他人に弱みを見せない人が多いです。

弱い自分をさらす事は恥だと、自分の中だけで全てを処理しようとしてしまうのです。そうなると気持ちは乱れます。

誰にも言えない黒い気持ちがずっと心に残っているわけですから、どんどん考えもマイナス思考になり沈んでしまいますね。

自分を愛したいのなら、誰かに受け入れられる経験を積む事が大切です。先ほども、自分を許す事が愛する事につながると書きました。

でも、中には自分で自分を許せない人もいるでしょう。そういう人は他人に許してもらうんです。

信頼できる人に自分の弱みを見せて「なんだそんなこと?あたしも良くあるよぉ」なんて言ってもらったとしたら、心はすごく軽くなりませんか?

こういう失敗は自分だけじゃないだから大丈夫なんだ。と勇気がわいてくるような気持ちになりますね。

弱っている時は、人を頼っていいんです。一人ぼっちで解決なんてしないで、人を信じる勇気を持ってくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

自分を好きになれない事には、誰も愛せません。そして、愛せない人は愛されないのです。

自分を嫌いな人は人一倍寂しがり屋さんが多いと言われます。本当は誰よりも愛情が欲しくて、大切にされたい気持ちが強いはず。

それが出来ないから負のサイクルに引き込まれてしまうのでしょう。

今回お教えした4つのポイントをしっかり心に入れて、行動してみてください。きっと貴女の人生が変わり始めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事