でき婚して後悔…。その理由で最も多い8つをチェック(男性編)

でき婚して後悔する男性

結婚するカップルの4組に1組はでき婚ということで、すでにでき婚も珍しいものではなくなってきました。また男性の場合は結婚の目的が子供であることも多く、年齢層に関係なくでき婚にそこまでマイナスイメージを持っていない人も多いです。

しかし、それでもでき婚からの離婚率の高さは無視できません。10代でのでき婚夫婦の離婚率はなんと8割超えているという統計結果もあるくらいなのです。

基本的には男性の方ができ婚には好意的なものですが、でき婚して後悔したという男性もやはり存在します。今回はでき婚したことで後悔したという男性の代表的な理由をまとめてみました。

関連記事:できちゃった婚を後悔した女性のよくある理由7つ>>

  1. 浮気
  2. 借金・浪費癖
  3. 妻の態度が急変
  4. 経済面での悩み
  5. 夜の営みがなくなった
  6. 自分の時間がない
  7. 子供中心の生活
  8. 気持ちの離れ
スポンサーリンク

1.浮気

女性の浮気
自分自身の浮気心で後悔する男性もいれば、妊婦であるはずの女性が浮気していたことで結婚を後悔する男性もいます。

自身の浮気癖が収まらないタイプの場合、そもそも結婚に向いていないタイプであることも多いです。

またでき婚の場合、中絶はできないし仕方なく勢いに任せて結婚を決めたという女性も多いですね。

他の男性に心があったり、夫を好きになれなかったりといった悩みを抱えており、そこから浮気に発展してしまうケースもあります。

多くの場合は二人の信頼関係や愛情を結婚前に育めていないことが原因です。

2.借金・浪費癖

結婚してみたら妻に借金があったというケースも存在します。また妻の浪費癖のすごさに、結婚を後悔しはじめる男性も少なくないようです。

借金がある女性の場合、ブラックリストに載っており、クレジットカードなどの審査にも受からない状態になっていることがあります。

結婚によって名前を変更するとまたカードが作れるようになるので、それを目的に結婚するというケースがあります。

もちろんそんな目的で結婚していた場合、夫を大切にしてくれるはずはありませんよね。借金まで行かずともひどい浪費癖は夫婦関係を破たんさせます。

家計の管理がめちゃくちゃでお金を妻に安心してまかせられないのは、男性にとって大きなストレスになります。

男性が一生懸命働いて稼いできたお金を、子供がいるのに貯金もせず、好きなことばかりに使う妻を見た時、でき婚の後悔が重くのしかかってきます。

3.妻の態度が急変

結婚後妻の性格が変わった
結婚後に妻の生活や態度が急変するパターンがあります。モラハラやDVもこの手のタイプが多いです。

女性から男性への暴力は被害が表ざたにならず、周囲からも被害状態が軽く見られがちなので、なかなか男性は後悔しつつも離婚に踏み出せません。

そこまでおおげさでなくても、結婚をキッカケにして結婚前と多少性格が変わってしまうというのはよくある話です。

でき婚などの理由でお付き合いの期間が短いと余計にそのギャップを大きく感じてしまいがちというのもあるでしょう。男性側からしたら騙されたと思うかもしれませんね。

4.経済面での悩み

お金で困る家庭
男女ともにでき婚による一番の後悔は経済的なことによる問題が大きいでしょう。子ども一人を育て上げるのには約3000万円かかるといわれています。

でき婚の場合、子育てへの準備期間が短くなるので、特に若い夫婦だとどうしても経済的に苦しくなる場面が多くなってきます。

お金がないと言うことは思った以上に人の心を荒ませるものです。一生懸命働いてもお金が貯まらず、妻にはもっと稼いでこいと文句を言われる日々…

もちろん自己責任なのですが、外でも家でも苦しい日々が続くのは男性としては非常に辛いことです。

収入を劇的にアップする方法はないですから、地道に努力しつつパートナーとの相互理解を深めていくなどの解決方法を見出していくとよいでしょう。

スポンサーリンク

5.夜の営みがなくなった

セックスレスの夫婦
出産をきっかけにそうなる夫婦はとても多いと言われています。出産シーンを見た男性がダメになってしまうパターンもあれば、母親になった女性が行為を拒むパターンもあります。

理由はどうであれ、結婚後即セックスレスになってしまった場合、何のために結婚したのだろうと考えてしまう人もいるでしょう。

その行為だけが愛情表現ではありませんが、好きな人と触れ合いたいと思うのも当然の事です。

特にでき婚の場合は、結婚後すぐにレスに突入してしまうと、夫婦生活がほとんどないことになるので他の夫婦よりも後悔が増す傾向にあります。

6.自分の時間がない

自分の時間がもてない夫
どの結婚でも言えることですが、男性が結婚したのちに非常に嫌がるのが『自分の時間が持てないこと』です。

仕事で疲れて家に帰ってきたのに、居場所がなく落ち着かないと感じる男性も多いですね。

仕事をしながら妊婦として気遣いが必要な妻を支えてきたと思ったら、今度は子育てがはじまり…と怒涛の展開が続くと女性だけでなく男性も精神的に疲れてしまうというパターンも。

特に元々男性は『自分自身の時間』を大切にする人が多いので、急な生活変化について行けず、ストレスから結婚への後悔を抱きはじめる男性も少なくはありません。

7.子供中心の生活

自分の時間がないのと似ていますが、子供中心の生活になってしまって妻が自分を構ってくれない状況にストレスを感じる男性もいます。

特にでき婚の場合は、ラブラブの恋人期間から一気に子供を育てる厳しい環境に放り込まれます。

そのため、ストレス耐性が弱い男性や親となる覚悟ができていない男性は、ついつい結婚自体を後悔しがちです。

元々自分の中で子供を育てて産むことができる女性と比べて、男性はゆっくりと『親の自覚』を芽生えさせていく人が多いと言われています。

女性もすぐに男性に親としての自覚を求めるのではなく、少し長い目で見てあげる余裕を持った方が上手くいくかもしれませんね。

8.気持ちの離れ

性格があわない夫婦
女性側の後悔ポイントにもありましたが、男性にも同じく気持ちの離れというものがあげられます。

子どもができたから仕方なく結婚を決めたけれど、本当は他の人が好きだったというのはでき婚の後悔話として男女ともによく聞く話です。

他にもっとよい女性がいたのではないかと思ってしまったり、男性の場合はもっと他の女性と遊びたかったと思ってしまったりする方が多いようです。

ただし女性の場合も同じですが、現状に満足できない人間はどんな環境でも満足できないものです。

望む望まないにかかわらず自分が作った家庭なのですから、外に目を向けるのではなくて掌にあるものを大切にする心を持つことで後悔も和らぐのではないでしょうか。

でき婚でも結婚式がしたい!

マタニティ婚

できちゃった婚でも結婚式がしたい!と言う方は『Hanayume(ハナユメ)』をおすすめします。準備は最短1ヶ月~可能で今ならプレゼント付です。全国にある「無料相談デスク」があるので、お近くのデスクに見学に行ってみてくださいね。

詳しくはこちら

全国の無料相談デスク一覧
新宿駅前店 有楽町イトシア店 横浜みなとみらい店
京都店 心斎橋店 ヨドバシ梅田店
神戸三宮店 イオン木曽川店 博多マルイ店
イオン浜松市野店 名駅ミッドランドスクエア店 栄店
知り合いに秘密で恋人を見つけよ☆
マッチングアプリは誰にも秘密で使えるのが一番のメリット
毎日がマンネリでちょっぴり刺激が欲しいあなたにおすすめ♪
新しい出会いでドキドキする気持ち思い出してみませんか? 今人気が高いマッチングアプリを3つ紹介しますね☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事