産後うつの症状をチェック!あなたは大丈夫?

産後うつの症状をチェック

大変だった出産を無事終え、待ち望んでいた赤ちゃんの誕生に心から幸せを感じているはずなのに、なぜか心にポッカリと穴が空いてしまった…。

こんなママは最低なのでは?と自分自身を責めたり、不安が増す一方ですよね。ただ出産後のママは、「マタニティブルー」と呼ばれる経験をする方が非常に多いです。

マタニティブルーは、出産した女性の3分の1が経験すると言われています。出産によるホルモンバランスの影響で、涙もろくなったり不安を感じやすくなってしまうのです。

でもマタニティブルーの症状が改善しない場合、「産後うつ」に陥っている場合があります。

通常は、産後1~2週間でマタニティブルーの症状は改善しますが、数か月にわたり情緒不安定な気持ちになる場合は、「産後うつ」の症状が考えられます。

  • 産後うつの症状とチェックシート
  • 産後うつにならないための対策方法
  • 産後うつになってしまったら?
スポンサーリンク

産後うつの症状とチェックシート

産後うつは、数週間で気持ちが改善する一過性のマタニティブルーとは違い、1カ月~長い場合で1年以上うつの症状が現れます。

産後うつの症状には個人差がありますが、気持ちの浮き沈みが激しく、ささいな事でイライラしたり、落ち着きがなく集中力が低下し、涙もろくなったりします。

その症状は、軽度・中等度・重症度に分けられ、「円形脱毛症・下痢・胃痛」など身体的な症状が現れることもあります。

産後うつセルフチェック

  1. 気分が落ち込む
  2. 考えがまとまらない
  3. 興味や意欲がわかない
  4. 性欲がない
  5. 赤ちゃんの事が心配でたまらないor無関心になる
  6. 自信が持てない
  7. 育児や家事がうまくできない
  8. パパへの不満、怒り、ケンカが絶えない
  9. 自分を責めてしまう

当てはまるものが多い方ほど、産後うつの症状に陥っている可能性が考えられます。産後うつの延長により、幼児虐待へと発展してしまうケースが多いので、深刻化する前に病院で適切な治療を受けましょう。

産後うつにならないための対策方法

産後うつになりやすい方は、“責任感が強い頑張り屋さん”が多く、いわゆる「完璧主義タイプ」の方は、ママとして妻としての役割を全てこなそうと考えるため、いつの間にか心に大きな負担を抱えてしまうのです。

周囲のサポートがある場合と1人でこなしているママの場合で比べると、産後うつの発症率は5倍も違うと言われています。

そのため、産後うつにならないためには、旦那さんを始めとする周りからのサポートを受け入れる心と環境を整えることが大切です。

また、産後うつにならないためには、誰もが始めての育児は完璧ではない事を頭に置き、育児本のマニュアル通りにしようとしない事です。真面目で熱心なママであればあるほど注意が必要です。

それから、魚に含まれるDHAには、産後うつを予防する効果があるとされています。妊娠中の母体がDHA欠乏状態になると、産後うつになるとも言われています。

DHAは、胎児の成長のために消費されてしまいますので、妊娠中から積極的にDHAを含む食材を摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク

産後うつになってしまったら?

もしも、産後うつになってしまった場合は、症状が軽めのうちに改善のための対処方法を心がけるようにしましょう。

まず、「睡眠不足」は、自律神経が乱れて気持ちを不安定にさせます。赤ちゃんの夜泣きがヒドイ場合には、どうしても睡眠不足になりやすいのですが、冷静に原因を探り、深く悩まないようにしましょう。

夜泣きの原因がわからない場合、睡眠不足から疲労が蓄積し、不安や苛立ちが増加します。不安定な気持ちは赤ちゃんにも伝わってしまいますので、とにかく体を休めるようにしましょう。

睡眠時間を確保できるよう、旦那さんだけではなく、ご家族に一旦預かってもらうなどお願いする事も考えましょう。ぐっすり眠るだけで、精神的に休息することができ、気分までリフレッシュします。

そして、心身の変化は1人で抱え込まないことが、産後うつ改善のための第一歩とも言えます。

自分1人で解決しようとせず、育児の悩みなどは病院の先生、看護師さん、友人、専門機関などに相談してみましょう。話を聞いてもらうだけでも気持ちが軽くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事