共働きの家事分担!夫に家事を覚えさせる方法

共働きの家事分担

共働きだと、どちらか一方が家事をするという専業主婦方式は無理があります。もちろん好きで両方できるという方もいらっしゃるでしょうが、仕事+家事を行うのは本当に大変なことです。

夫と同じように働いているのに家事は女性のものという都合の良い考えは、もう通用しない時代だということは多くの共働き夫婦が感じていることでしょう。

夫の家事への参加、その第一歩が難しい!?

この問題は男性側の問題だけでなく、実際は女性側としても根強く家事は女性のものだという同性である女性からの圧力も強いのが現状です。

自分の母親や夫の母親から「夫に家事をさせるなんてみっともないことをするな」などと言われたことがある方も少なくないのではないでしょうか。実際、まだまだ女性が家事をしなければならないと圧力をかけるのは男性だけでなく同性であることも多いのです。

スポンサーリンク

家事は女がするもの!?

女性が家事をするものという考え方の人から影響を受け、夫に家事を任せるのはなんだか心苦しいという方もいらっしゃるでしょう。しかし共働きできっちり仕事をしていたら、家事までは手が回らないところが出てきて当然です。

家事を一切しない夫や傍から見ているだけの人が、家事をしている妻を責めるのはおかしな話です。二人で協力し合うことができて初めて夫婦なのです。

まず家事は女性がするものなのだという認識を改めるところから始めましょう。そして家庭の形は人それぞれ、他の家庭と違っても自分たちでうまくバランスが取れるならおかしくはないのだと思い直し、前向きに家庭内を改善するようにしましょう。

家事分担を上手にやる方法

家事分担は夫婦によって変わってきます。女性の比率が少々多くても、女性さえ納得できるなら分担は上手くい例が多いです。逆に言えば家事の比率が少なくても本人が納得できないと思っていたら、結局は上手くいきません。

一番大切なことはお互いに『納得』できるかどうかということです。

例えば夫は残業が多いから夕飯などの夜できる家事は全て妻がするけれども、代わりに妻の方が朝早いから朝ごはんの片付けや朝の掃除はお願いするなど、それぞれの生活リズムや仕事の都合に合わせて思いやりを持って分担を決めることが大切です。

大切なことはお互いに協力し合っている、支え合っているのだという実感が得られることです。

とにかく半分にしよう、労力を同じにしようという視点で分担すると失敗しやすいですし、下手したら喧嘩になってしまいます。おススメは得意な家事と苦手な家事を書きだしてみることです。

その紙を見ながらお互いに自分が得意な家事をメインにし、苦手な家事を分担するようにすれば心理的な負担は軽くなります。

スポンサーリンク

夫に家事を覚えさせる方法

上手く家事分担ができた!と思ったら、夫の家事が非常に下手で余計にストレスがたまったという妻の意見を聞くことがあります。また自主的に「手伝うよ」と言ってくれるけれど、夫にやらせると余計に手間がかかると感じる方もいらっしゃるようです。

家事を覚えるうえで一番大切なのは「慣れ」です。

慣れれば大抵の家事は難なくこなせるようになります。逆に言えば男性が慣れていないうちに、ダメだししたりバカにしたりすると相手のやる気をそいでしまいます。とにかく男に家事を覚えさせるためには、褒めて伸ばしましょう。

やらせてみて、ヘタクソでもとにかく褒めるのです。「ありがとう」「助かっちゃった」というプラスの言葉を使うようにします。少しやる気になってきたら、「ここは、こういう風にするとやりやすいよ」などとアドバイスという形で軌道修正していきます。

なるべく男性のやる気をなくすことがないように、丁寧な対応を心掛けましょう。その苦労はいつか男性が家事に慣れてきたときに何倍もの力となって返ってくるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事