妻の浮気発覚!その証拠があなたの最強の味方になる理由

嫁が嫌いな理由を考える夫

とにかく証拠をつかむ

妻の浮気が発覚した時に大切なのは、とにかく証拠を掴むことです。離婚するにせよ、夫婦としてこの先もやっていくにせよ、どちらにしても証拠を掴んでおいて損と言うことはありません。

まず自分の妻なら証拠がなくても聞けば正直に事情を話してくれる、戻ってきてくれる…という幻想は捨てましょう。浮気している時点で、妻はあなたを裏切っています。あなたは妻の中で裏切ってもいい人間だと判断されたということです。

辛いでしょうが、現実的に考えて旦那を大切に思っている妻はまず浮気しません。自分の楽しみや快楽を優先したいという心が、あなたを想う心に勝ったから浮気しているのです。基本的には人間の根っことなる部分はよっぽどのことがないと変わりません。

一度裏切った人間が反省して悔悛するより、
一度裏切った人間は何度でも裏切る可能性の方が高いのです。

『許す』というのは『許さない』ということよりもよっぽど難しく、苦しいものです。妙な親切心も、優柔不断もあなたのためにならなければ、妻のためにもなりません。曖昧にせずにキッチリと問題に片を付けていかなくては何度でも同じことが起こります。そのためにも証拠を掴み、事実を正しく認識することがまずすべきことなのです。

スポンサーリンク

離婚したくないなら余計に証拠を集める

離婚を決心した人は言わずとも積極的に証拠を集めますが、離婚を決意しない人はそれほど積極的に証拠を集める必要性がないためか、消極的になりがちです。しかし、実際は離婚したくない人ほど真剣に証拠を集める必要があるのです。

まず離婚の仕組みとして、有責配偶者(自分自身で離婚原因をつくり婚姻関係を破綻させた者)からの離婚はできないということがポイントになってきます。

離婚したくない人の意識からは、妻が離婚を言い出すという考えがすっぽり抜けていることも珍しくはありません。大抵女性が浮気するときは『本気の恋愛』をしていることが多いという認識がないからです。必ず妻は戻ってくるから、それを許せばこの件は終わり…そんな風に考えてはいませんか?

妻が離婚を言い出した時に確実に引きとめられるのは、あなたの説得でも愛情でも何でもありません。単純に妻を『有責配偶者』にしてしまうことなのです。

そのために浮気の証拠を積極的に集めるのです。証拠もなしに「離婚したくない」とごねても、妻や浮気相手があなたより上手だったときに、あなたがなんらかの手段で『有責配偶者』にされてしまうことも考えられます。

そうなると離婚を言い渡されるだけでなく、妻に慰謝料を払わされる可能性もあるのです。

我が身を守るためにも、妻を引きとめておくためにも、離婚したくない人ほど真剣に証拠集めをする必要があります。

スポンサーリンク

信頼できる味方を作っておく

妻の浮気や離婚という問題は、思った以上に精神を摩耗します。愛する人に裏切られて傷つけられて、平気でいられる人はいません。戦っている最中に心が折れてしまう人も数多くいるでしょう。妻とやり直せても、傷ついた心が癒せず結局離婚に至る人もいます。

また証拠を集めろと言いましたが、仕事もある男性にとって証拠集めはかなり難しいでしょう。お金があれば興信所に丸投げすることもできますが、お金がない場合は八方ふさがりになってしまうこともあります。

なるべくなら妻の浮気が発覚した時に、自分が信頼できる仲間を作っておくようにしましょう。自分の家族、兄弟、親友、上司や同僚……妻ではなく自分側に立って物事を考えてくれる相手を選ぶのがベストです。妻の家族でもいいのですが、最終的に妻の家族は妻の味方をすることの方が多いのであまりおススメしません。

浮気されたことを知られたくないと思うかもしれませんが、その気持ちに付けこまれて何もかも失ってしまっては元も子もありません。味方がいるということは、思った以上に心強いものです。

証拠集めの協力を申し出てくれたり、あなたが心折れそうなときに慰めてくれたり、味方がいるというだけであなた自身の支えになってくれたりと多くのメリットがあります。

一人で抱え込まず、信頼できる相手にだけでも話をしてみると、気持ちが少し楽になるかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事