夫の浮気の証拠をつかむ方法を教えます!

不倫のタイプを見極める

証拠を集める方法

夫の浮気が確実なものになってきたときは、浮気の証拠集めにかかります。証拠を集める方法には大まかに分けて、二つの方法があります。

  1. 一つは自分で集める方法
  2. 探偵社や調査会社などのプロに頼む方法

どちらにもメリットとデメリットがあります。

1. 自分で証拠を集める方法の場合

メリットはプロに頼むのと比べてお金がかからないことです。自分で証拠集めができれば、かなり節約になります。デメリットは手間と時間がかかること、また集めた証拠の証拠能力が低い可能性があることです。自分で証拠能力がある写真を撮るのは思った以上に難しいものです。写真以外にも携帯のデータを移すことなども、危機が苦手な女性にとってはかなり時間がかかるし手こずるでしょう。

とにかく手間と時間をかけてもいいから長期戦で戦う覚悟があると言う方にはいいでしょうが、短期決戦で決めたいという方には不向きな方法となります。

2. 探偵会社や調査会社に頼んだ場合

メリットは、短期で証拠として確実なものを取ってきてくれること、そして自分の手を煩わせないですむことです。

プロに頼めば離婚のために必要な証拠をきっちりと揃えてくれます。これは使える、使えないなどの判断もプロが行ってくれるため、色々と自分で資料を集めたり勉強したりする手間がかなり削減されます。

デメリットは金銭面でしょう。一週間ほどの調査をお願いすれば、数十万~というのが相場となっています。ですが、怪しい日をピンポイントで指定すれば予算を抑えることも可能です。

原一探偵事務所』は大手で35年の実績があります。24時間相談無料で電話・メールを受付けているので、そこでだいたいの見積もりや予算を抑えて依頼できるプランなどを聞くことができます。 

おススメの方法は『探偵事務所+自分の調査』です。プロの調査に加え、プロのアドバイスを貰って自分でも夫の素行を調べるというのがベストでしょう。比較的費用も抑えることができますし、確実性が格段に増します。

スポンサーリンク

行為中の写真やムービーがあれば即保存する!

証拠の中でも一番力を発揮してくれるのが、夫と浮気相手との行為中の写真やムービーです。正直見たくもないものだとは思いますが、もし何かの折にそうした物証を掴むことができたら必ず保存しておきましょう。顔などがはっきりとわかるとなおいいです。

これさえ手に入れば、あとはそれほど手間もかかりません。行為中の写真・ムービーは絶対に保存することだけは覚えておきましょう。

携帯のデータを押さえる

先ほどの写真やムービーだけでなく、携帯電話のメールやライン履歴、通話履歴なども重要な証拠になります。また浮気相手の連絡先などもゲットしておくに越したことはありません。

夫の携帯に証拠が残っている見かけた時は、出来ればすぐに保存してしまいましょう。自分のSDカードにデータをバックアップとして保存するのが一番良い方法です。しかし操作方法がわからない、バックアップをとる時間がない場合もあります。

そんなときはひとまず自分の携帯のカメラで写す、メールなどで転送するという方法があります。もちろん転送した時はメールを消しておきましょう。

最近ならラインで画像を送り、相手の携帯画面で履歴を消してしまうという方法も有効です。とにかく確認は後回しでもよいので、素早くデータを保存することが先決です。データの保存法に関しては普段からしっかりと考えておきましょう。

スポンサーリンク

車や持ち物もチェックする

もし夫が車に乗るなら、車の中も要チェックポイントです。髪の毛やヘアピンなどは落ちていませんか?アクセサリーなど、浮気相手の忘れ物を見つけた時もしっかり保存しておきましょう。また車の場合は車内カメラや走行距離もかなり役に立ちます。

夫がウッカリしていたら車内カメラにデートの様子が映っていることもあるので、まずは車内カメラをチェックしましょう。カメラが付いていないときでも、走行距離を確認しておくだけでかなり多くのことがわかります。

例えば出かけていく前の距離をさりげなく確認しておいて、帰ってきたときに何キロ走ったのかを確認するのです。会社に行ったはずなのに数倍の距離を走っているときなどは要チェックです。また距離をメモすることで、夫がどのあたりに出かけているのかまで把握することができます。車もまた証拠の宝庫ですから、忘れずチェックしましょう。

夫の持ちものも定期的に観察しておきましょう。見慣れない文房具や小物を持っていませんか?女性は好きな人に自分を常に感じていてほしいと思っているものです。浮気相手が夫にさりげない小物をプレゼントすることは十分考えられます。見慣れないものを見かけたら、どうしたのかを夫にさりげなく確認するのも有効な手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事