不倫相手が妊娠した!こんな時にはどうすればいい?

不倫相手を妊娠させてしまった男性

更新日:

「不倫相手が妊娠してしまった。」このような事態は、不倫をしている男性にとっては他人事ではありません。

「男性がパイプカットをしている」「どちらかが不妊である」という事情がある場合には別ですが、ピルを飲んだり避妊具を使用したりしていたとしても、間違いが起こることはあります。

どんなに予防策をとっていたとしても、相手が妊娠してしまうことはあります。

実は隠し子がいます。長年不倫した相手が妊娠し、今年の1月に産まれました。まだ家内は話をしていません。中学1年生になる子供がいます。

会社でもそれなりのポジションにいます。一体どうすればよいのでしょう?
出典: 実は隠し子がいます。長年不倫した相手が妊娠 - Yahoo!知恵袋

不倫相手が妊娠してしまいました。 39歳、結婚して9年目、子供はいません。1年位前から会社の部下と不倫関係を続けています。先日、彼女から妊娠の事実を聞かされました。
出典: 不倫相手が妊娠してしまいました。39歳、結婚して9年目 - Yahoo!知恵袋

妻がいるのに、不倫相手を妊娠させてしまった。そんな時、男性はどうするべきなのでしょうか?

  • 不倫相手を放置せず、話し合いの場を設けよう
  • 経済的な支援の必要性
  • 離婚?再婚? どちらもお金がかかる!
  • 不倫相手が妊娠したら、妻には打ち明けるべきか?

スポンサーリンク

不倫相手を放置せず、話し合いの場を設けよう

まず、大事なのは相手を放置しないことです。妊娠で一番不安を感じているのは、不倫相手です。

あなたに家庭があり、「夜は家に帰らなくてはいけない」「家族と過ごさなければいけない」という状況にあるかもしれませんが、それでも相手を放っておいてはいけません。

さもなくば、相手が暴走してあなたの家に押しかけるかもしれませんし、共通の知人に不倫関係や妊娠のことを話してしまうかもしれないのです。

これは、不倫相手や他人の口から、あなたのパートナーに不倫や妊娠のことが伝わる可能性があるということです。

まずは相手を落ち着かせましょう。そして、これからどうするかを話し合います。

  • 子どもを産むのか、諦めるのか
  • 産む場合、ちゃんと育てられるのか
  • 不倫相手の子を認知するのか
  • 離婚するのか、しないのか

このように話し合うことはたくさんあります。

ただし、話し合いを優先しすぎて相手の体調や気持ちを無視してしまうのはやめましょう。

また、あなたが選んでほしい答えを押し付け、無理やり選ばせるべきではありません。とにかく、相手を傷付けたり逆上させたりするのは避けるべきです。

冷静に話し合いの場を設けましょう。

経済的な支援の必要性

妊娠した子どもを諦めるという場合には、女性の体のことを思いやりましょう。

男性は簡単に考えがちですが、女性には大きな負担がかかります。今後、妊娠しにくい体になってしまう可能性もあります。

経済的な援助はもちろん、他にも何か必要なことがないかを考え、相手を気遣いましょう。

スポンサーリンク

離婚?再婚? どちらもお金がかかる!

不倫相手が妊娠して「あなたと結婚したい」「だから、今の奥さんと離婚してほしい」という意思を見せた時。

ダメな人がやりがちなのが、その場しのぎの答えを連発して相手を不安にさせ、結果として奥さんを巻き込んでの騒動に発展するパターンです。

もしも子どもの有無に拘わらず不倫相手と別れたいと思うのならば、土下座をして心から謝るしかありません。

それでも相手が子どもを産みたいと言うのならば、認知も求められるでしょうし、養育費や慰謝料などを支払う必要も出てくるでしょう。

反対に、今の結婚相手と別れて不倫相手と再婚したいと思う場合。この場合は、かなりややこしい事態になります。

不貞をしたあなたが有責となりますから、あなたが離婚したくても、パートナーがウンと言わなければ離婚をすることはできません。

離婚調停、もしくは裁判まで発展する可能性も出てきます。

このような事態は長期化することもありますから、覚悟が必要です。長期化する可能性もありますから、不倫相手とすぐ結婚できない人もいます。

慰謝料の支払い以外にも弁護士に支払う費用なども発生するでしょう。

さらにあなたのパートナーは、あなたに対してはもちろん、不倫相手の女性にも慰謝料請求を行うことができます。

高額の慰謝料があなたと不倫相手にのしかかることになるでしょう。それだけ、不倫はリスクが伴う行為なのです。

不倫相手が妊娠したら、妻には打ち明けるべきか?

不倫相手が妊娠した時に、「妻には内緒にしておきたい」「不倫していたことがわからないままにしておきたい」という男性がいますが、それは非常に難しいことです。

不倫相手の女性が「誰にも言わない」「子どもも諦める」というのならばまだしも、「子どもを産む」「奥さんと別れてほしい」ということを主張している場合には、パートナーにその事実を打ち明け、謝罪をしてから彼女の意見も聞くべきだと思います。

なぜ、そうしなければいけないのか?

これは、後から不倫相手を妊娠させていたことが判明した場合、一番傷付くのはパートナーだからです。

隠れて不倫されていたことにはもちろん、それを内緒にされていたことにも大変ショックを受けるでしょう。

不倫をしていた側にもストレスがあったのかもしれませんが、されていたとわかったパートナー側もより一層苦しむことになります。

そのことを理解して、結婚相手に対するフォローも忘れないようにしましょう。

不倫からの妊娠という思いがけない出来事で、苦しんでいるのはあなただけではありません。できるだけ冷静に、不倫相手やパートナーと話し合いの場を持つようにしましょう。

安心安全な人気が高いマッチングアプリ♪
マッチングアプリは知り合いに秘密で使えるのが一番のメリット!
寒くなってきて人肌恋しくなる季節、ひとりだと寂しい…(; ;)
今一番出会える、マッチングアプリを3つ紹介します♪

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.