不倫したい!不倫願望をもつ女性を調査した結果とは!?

更新日:

あなたの周りに不倫をしている友人や知り合いの方はいますか?

実際、筆者の知り合いにも不倫を経験している女性は意外に多くいます。話を聞いて納得するよう女性から、「え!こんな大人しい子が不倫!?」と驚くような女性まで。

日本の不倫女性は幅広い層を誇っています。

こちらの調査によると、35~39歳女性の不倫経験者は4割にも上るそうです。

◆既婚者と恋愛した経験がある人の割合◆
20~24歳 男性 8.5%  女性 12.4%
25~29歳 男性 17.7% 女性 18.6%
30~34歳 男性 25.3% 女性 29.6%
35~39歳 男性 29.6% 女性 43.8%

Facebookを活用した婚活アプリ「マッチアラーム」が20代、30代の独身男女2,965名を対象に、恋愛、婚活に関する調査を実施

出典: 30代から急増! 男性は3割、女性は4割以上が不倫の経験あり!?

つまりは5人の女性がいれば、そのうち2人は不倫経験者であるということです。そう考えると不倫を経験した女性は意外と身近にいるものなのかもしれません。

失うものも多くデメリットが強調されがちな不倫ですが、現在不倫したいと考える女性はまだ急増中だと言います。今回は独身女性、既婚女性、それぞれの視点からの不倫願望についてお話していきます。

  • 独身女性の不倫願望
  • 既婚女性の不倫願望
  • 不倫の楽しさと、その代償
スポンサーリンク

独身女性の不倫願望

正直な話をすれば、長期目線で見ると独身女性が不倫をするメリットはほとんどありません。

当たり前ですが相手の家庭にばれてしまった時は慰謝料などを請求される可能性も高いですし、会社などでの社会的地位を失う可能性もあります。

また、不倫していると婚期が遅れがちになるというのはよく聞く話です。

ではこれだけのデメリットがあってなお、なぜ独身女性たちは不倫願望を抱くのでしょうか。

まず、不倫は普通の恋愛よりも『燃えやすく』『楽しい』ことが挙げられます。

本当は付き合ってはダメだと思うと逆に燃えてしまうのは、多くの人に共通する悲しいサガなのです。

また不倫する男性は非常にマメで優しいタイプが多いということもあげられます。そもそもマメな男でないと家庭にばれずに不倫をするなんてことができないわけです。

さらに言えば不倫男性にとって家庭が食事だとしたら、不倫はデザートなのです。

毎日生きていくために必要な食事はすでに確保されているわけですから、独身男性と違って余裕があります。

彼らは甘くておいしいデザートを摘まんでいるような感覚ですから、真剣なお付き合いではないこともあって相手の女性をもてはやしたり、甘やかしたりします。

それは愛情とは言い難いものですが、愛に飢えがちな女性はつい不倫男性の手口にころりと引っかかりがちです。

不倫する既婚男性は包容力があり、女性を甘やかしてくれる傾向にあります。これだけでも女性が好む理想の男性像に近い上に、背徳感による不倫ならではの楽しみというものが加味されます。

不倫恋愛にどっぷりハマってしまうと、普通の恋愛では物足りないという女性もいるくらいです。

また女性側は独身ーだから家庭などの失うものがないというのも、独身女性の不倫へのハードルを下げてしまうひとつの要因でしょう。

女性が一人で生きていくにはまだまだ辛い世の中です。そんな世の中でがんばりすぎている女性たちが、男性への癒しを求めるとき、不倫は一つの選択肢になってしまうのかもしれませんね。

既婚女性の不倫願望

既婚男性の不倫がよく取り上げられますが、既婚女性の不倫ももちろん少なくはありません。

特に外に仕事を持つ女性の不倫経験率は高いと言われています。

そして、既婚女性の不倫の方が、独身女性の不倫と比べて失うものも多くなります。

しかし、それでも既婚女性たちが不倫に走ってしまう大きな原因として日本の夫婦における『セックスレス』の問題があると言われています。

日本の夫婦間性交渉の頻度や回数は、他国と比べても非常に低い水準です。夫婦間で一番大切なことはもちろん心なのでしょうが、だからと言って身体を軽視するというのもおかしな話です。

心が繋がれば体も繋がりたくなるのが普通の男女ですから、あまりにも身体だけが軽視されていると心の方のバランスも崩れてきます。性欲が強いと言われる男性だけでなく、女性も同じです。

身体が満たされていない状態になると、不倫などのチャンスが訪れた時に飛び越えるハードルが低くなりがちです。

別に心がなくても体の欲求さえ満たせればいい…そんなところから不倫がはじまる既婚女性も多いのです。
もちろん欲求を理性で抑えるのが人間としてのあるべき姿かと思いますが、みながみな強い訳ではありませんし、魔がさすということもあります。

また既婚女性の場合、一度不倫してしまうと家庭にばらされるのが怖くなり、ずるずると不倫相手の男性の言いなりになるという悪循環にも陥りがちです。

セックスレス以外にも家庭に問題や不満があるとき、思わず外の世界に救いを求めてしまう女性もいらっしゃるでしょう。

家庭や夫と向き合うことができないとき、既婚女性の中で不倫願望は大きく膨れ上がってしまうのです。

スポンサーリンク

不倫の楽しさと、その代償

 既婚未婚問わず、不倫は確かに楽しいものです。背徳感がスパイスになり、普通の恋愛よりも二人の恋心にも火が付きやすく盛り上がるため、手軽に恋愛ドラマのヒロインになったような感覚を味わえます。

本当は好きになってはダメな相手を好きになるとき、苦しいけれども楽しいのが恋愛です。それが両想いになったのならなおさらです。舞い上がってしまう気持ちも、ハマる気持ちもわかります。

しかし何事にも代償は付き物です。既婚女性は家庭をはじめ多くのものを失う可能性があります。

また未婚女性の場合、今後結婚を考えるとき不倫経験がある女性を避ける男性は少なくありません。不倫を終えたのちに残るものについて、不倫願望を抱く女性は必ず考えなくてはいけません。

もちろん一瞬の快感やときめきに人生を賭けるのも、ありでしょう。それは個人の自由です。

しかし、本当に一瞬の恋愛にすべてを賭けられる人間はこの世にほんの一握りです。大抵の人は不倫が終わった後、後悔することの方が多いのです。

なぜならこの世界には恋愛以外に多様な価値観が存在し、また歳を経るごとに多くの大人にとって恋愛の比重は軽くなっていくものだからです。

全てを終えたのちに「こんなつもりじゃなかった」「不倫なんてしなければよかった」と思ってしまう性格なら、やめておいた方が無難でしょう。

あなたが幸せになるために、本当に『不倫』は必要なのか。

不倫願望が囁く甘美な響きだけに耳を傾けず、あなた自身が本当の幸せを掴むために必要なものはなにか、今一度考えて見てはいかがでしょうか。

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.