不倫妻に走る原因とは?見抜くためのポイント

不倫妻

更新日:

“自分の妻は大丈夫”そんな風に思っていませんか?

男性の浮気よりも女性の浮気の方がバレにくく、不倫に全く気付かずに突然妻から離婚を突き付けられるケースも珍しくありません。

一見すると仲の良い夫婦に見えたとしても、実は奥さんには心の中に不満が募っているケースもあるのです。女性が不倫に走ってしまう原因や不倫を見抜くためのポイントをチェックしておきましょう。

  • 妻が不倫に走る理由とは?
  • 不倫妻を見抜くための行動チェック
  • 不倫妻の相手とは?注意すべき人物グ

スポンサーリンク

妻が不倫に走る理由とは?

夫に不満がある

  • 夫が話を聞いてくれない
  • 夫が女性として見てくれない
  • 夫を男性として見れなくなった
  • セックスレス

妻が不倫に走るきっかけとして最も多いのは、夫に不満がある場合です。夫が話を聞いてくれない、髪型を変えても気づいてくれないなど、妻に対して関心が薄くなると女性は寂しさを募らしていきます。

反対に、妻が夫に対して男性的な魅力を感じずに関心が持てなくなった場合には、一緒に過ごす日々が苦痛になっていきます。

セックスレス状態になれば、心の距離も大きくなります。女性として見てくれる男性が現れた場合、その優しさに心惹かれてしまい不倫へと発展してしまうのです。


夫に不満がない

  • 夫が真面目すぎる
  • 夫が優しすぎる
  • 不満がない事が不満

妻が不倫に走る理由は、夫に不満がある場合は当然の事ながら、夫に対して何も不満がない場合もあるのです。

例えば、真面目で優しい夫がいる妻は、不満がない事が不満だと感じるようになります。

つまり、マンネリした関係に、夫婦仲を壊すほどではないけれど「刺激」を欲するようになるのです。

夫に不満がない妻は、最初は気分転換のつもりでSNSに登録をし、最終的にはズルズルと不倫の刺激にハマってしまうのです。

スポンサーリンク

不倫妻を見抜くための行動チェック

セックスを避ける・嫌がる

男性は1度に複数の女性を愛することが出来ます。しかし、女性は基本的には1人の男性しか愛することが出来ません。

そのため、不倫により夫以外の男性に夢中になっている場合、夫との性的な行為を避ける傾向があります。

セックスはもちろんの事ながら、キス、ハグ、手を触れるだけでも嫌だと感じる女性も多くなります。

ただし、妊娠・出産後の女性はホルモンバランスの影響により、夫を避けたくなる方もいるので、他のチェックポイントと合わせて見極めるようにしましょう。


外出が多くなる

不倫妻は、何かと理由をつけて外出するようになります。「同窓会、友人と食事、学校行事、実家に帰省する」など、以前と比べて明らかに外出が多くなった場合には、不倫相手と会っている可能性があります。

また、頻繁に出かける事を夫に怪しまれないために、夫が仕事中のタイミングを見計らって不倫しているケースもあります。

帰宅時間を告げずに不意打ちで帰ったら、妻の不倫が発覚!なんて事も珍しくありません。


機嫌が良く不満を口にしなくなる

飲み会と言えば「いつ帰る?何時に帰る?まだ帰らないの?」。
休日になれば「たまには掃除をしてよ。いつまでも寝てないで。」

何かと不平不満や愚痴を言っていた妻が、不満を口にすることなく機嫌が良くなると夫としては、妻も心変わりをして優しくなった・・・と安心するかもしれません。

しかし、“不満を言わなくなった=関心がなくなった”とも言えます。不倫妻の傾向として良くあるパターンなので要注意です。


オシャレに気遣うようになる

独身時代のように洋服、髪型、メイクに気を使い始めた時は、夫以外との交流が増えているサインです。

特に、下着に気を使うようになっていたら不倫の可能性が高まります。

夫の前でなら問題ありませんが、タンスの引き出しを開けてみたら、こんな下着見た事ない!なんて場合には気を付けましょう。

不倫妻の相手とは?注意すべき人物

不倫妻の浮気相手とは一体どのような人なのでしょうか?注意しておきたい人物像をチェックしておきましょう。

  • 元彼
  • 職場の上司・同僚
  • 習い事など共通の趣味を持つ仲間
  • SNSで知り合った人

真面目な妻でも、ひょんなきっかけから不倫に走ることがあります。妻の言動が怪しいと感じた方は、こうしたポイントに当てはまるか確認してみてくださいね。

安心安全な人気が高いマッチングアプリ♪
マッチングアプリは知り合いに秘密で使えるのが一番のメリット!
寒くなってきて人肌恋しくなる季節、ひとりだと寂しい…(; ;)
今一番出会える、マッチングアプリを3つ紹介します♪

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.