授乳中に風邪…、赤ちゃんにうつる?薬は飲める?

授乳中の風邪

更新日:

授乳を続けて大丈夫?

大事な子どもを育てている最中に風邪をひいてしまった。こういう時に大変なのが、母乳でお子さんを育てているお母さんです。

本当のところ、お母さんが風邪をひいてしまった時には、母乳を与えるのを控えたほうがいいのでしょうか。

また、風邪薬はできるだけ飲まないほうがいいのでしょうか。そして、授乳中に服用できる風邪薬は存在するのでしょうか。

このような、授乳中にひいてしまった風邪にまつわる疑問とその回答をご紹介していきましょう。

  • 授乳で赤ちゃんに風邪のウイルスが感染することはない!
  • 授乳中には、漢方の風邪薬で乗り切るのがおすすめ
  • 病院に行き、診察してもらったうえで薬を処方してもらおう

スポンサーリンク

授乳で赤ちゃんに風邪のウイルスが感染することはない!

まず、授乳によって赤ちゃんに風邪がうつってしまう可能性はあるのでしょうか。

答えは「NO」です。

母乳の影響で、お母さんから赤ちゃんに風邪がうつることはほぼありません。

むしろ、母親の体内で作られた風邪ウイルスへの抗体は、授乳をすることで赤ちゃんの体の中にも入ると言われています。

もしも、お母さんから赤ちゃんに風邪のウイルスが感染することがあるとすれば、

「空気感染」や「くしゃみなど、唾液からくる感染」が原因です。

風邪をひいた時にだけミルクに切り替えたほうがいいのか?という疑問もお持ちのお母さんもいますが、できるだけ母乳はあげ続けたほうがいいと言われています。

一度母乳をやめてしまうと、ホルモンの影響で母乳を再開できなくなってしまうケースもあります。乳腺炎になる可能性もあるでしょう。

風邪を治しながらの授乳はつらいとは思いますが、パートナーと協力しながら頑張りましょう。

授乳中には、漢方の風邪薬で乗り切るのがおすすめ

それでは、授乳中には風邪薬を飲んでもいいのでしょうか。

実は、風邪薬にも「授乳中に飲むことを避けたほうがいい」ものと、「授乳中でも飲んで大丈夫」なものがあります。授乳中でも飲める、母乳に影響が少ない薬を選んで、風邪をスムーズに治しましょう!

そんな時におすすめしたいのが、漢方薬の「葛根湯」です。

漢方薬であれば、お母さんの自然治癒力をアップさせてくれますし、体にも負担がかかりにくいでしょう。

もしかして風邪かも?と感じた時には、葛根湯を飲むのがいいそうです。

「寒気がする」「だるい、熱っぽい」「関節がこわばって動きにくい」と感じたら、葛根湯を服用してみましょう。

風邪のサインを見逃さず、先んじて飲むようにするのがより早く治すコツです。

スポンサーリンク

病院に行き、診察してもらったうえで薬を処方してもらおう

とはいっても、風邪薬の種類は非常に多いもの。どれがいいのか、そしてどれが選んではいけないものなのかを見極めるのはなかなか大変です。

特に、気軽に購入できる市販薬は、授乳中の体には適していないものもあるかもしれません。薬を飲む前に必ず使用上の注意に目を通して、授乳中でも大丈夫なのかをチェックしましょう。

ただし、新生児から生後2ヵ月までは、市販薬は特に避けたほうがいいとされています。

風邪をひいた場合には、まず病院にかかるようにしましょう。

「授乳中は、風邪をひいたら自然治癒しなければならない」と思い込んでおり、風邪をひいているのに我慢を続け、自力で治そうとするお母さんは少なくありません。

ですが、そんなことはありません。

出産した後の体で無理をすると、風邪が長引いたり、体調を大幅に崩してしまう可能性すらあるのです。

いくら気を付けていても、睡眠不足やストレス、気候の変化で風邪をひいてしまうことはあります。決して自分を責めたり落ち込んだりすることなく、まずは病院にかかりましょう。

そして、赤ちゃんのためにもより早く風邪を治しましょう!

安心安全な人気が高いマッチングアプリ♪
マッチングアプリは知り合いに秘密で使えるのが一番のメリット!
寒くなってきて人肌恋しくなる季節、ひとりだと寂しい…(; ;)
今一番出会える、マッチングアプリを3つ紹介します♪

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.