離婚調停での親権争い!父親が親権をとることの難しさ

子供の親権

更新日:

親権は母親のもの?

どうしても親権というと母親のモノだというイメージが日本では強いですよね。実際、日本では母親が親権を取ることが多くなっています。それは小さな子供には母親が必要だという考え方が根強くあるからです。

実際に子供にはやはり両親が揃っているに越したことはないでしょう。しかし、仲の悪い両親を見続けるよりは自分のことをしっかりと考えてくれる親に引き取られて暮らした方が良かったという子供もたくさんいます。

そして、子供のことを思いやる気持ちの強さは基本的に母親も父親も同じなのです。親権は母親のものだけではありません。当たり前ですが、父親にも主張する権利があります。

しかし、親権を法廷で取り合うことになると父親が親権を得るのが難しいのも事実です。離婚調停になれば9割が母親に親権が渡ります。ですから、母親側はよっぽど問題がない限りはどんと構えていればほぼ負けることはありません。

しかし、現在国際結婚の末の離婚などで、母親が子供を日本に連れて帰ってしまう事例が大きな国際問題となってきていますし、養育費目当てで子供を連れていった母親が放置や虐待を行って殺してしまうケースも多々起こっています。

今後は、現在の日本が掲げる母親神話も少しずつ変化していく時代に入っていきます。父親だからと諦めてしまわずに、子供を愛するなら堂々と子供の親権を主張していきましょう。

スポンサーリンク

父親が親権をとることの難しさ

とはいえ、現実的に小さな子供の親権を父親が取るのは難しいとされています。実際、子供には母親が必要な場面も多いですし、妥当な判断である場合も多いです。しかし母親が浮気して、離婚後は浮気相手の元へ行くことがわかっているのに子供を連れて行かれるとなると父親としては不安にもなるでしょう。

多くの連れ子が再婚相手に虐待されていたり、殺されていたりするのは事実です。しかし現在は母親の浮気が原因の離婚でも、親権問題とは別と考えられる傾向にあります。

では父親が親権を取るためには離婚調停の場でどうしたらよいのでしょうか?

基本的には、とにかく自分に『子育てすることが可能だ』ということをアピールすること、そして『子育て出来る環境がしっかり揃っている』ということを客観的資料も交えて示すことです。ただ、このアピールの最中に母親側を貶めるようなことを言うと逆効果になるので気を付けましょう。

子どもを愛しているということで戦っても、愛はどうしても測ることができませんから母親の愛の方が大きいのではないかと考えられるのが普通です。ですから父親は愛情の大きさはもちろんですが、子供のためにどれだけの時間をさけるのかどれだけのことができて、自分の元にいれば子供は幸せに過ごせるのかという点をメインにアピールするのです。

そのためには仕事を辞める提案も必要でしょうし、場合によっては自分の実家などのサポートを受けられる範囲に引っ越しすることなども必要になるでしょう。そこまでしても父親が親権を取ることができないこともあります。

全てを失うことがないようにしっかり弁護士をつけて相談しながら進めることが必要です。
しかし、愛する子供のためにやるべきことはやったと思えた方が、その後自分自身が前に進むための大きな力になってくれます。

スポンサーリンク

離婚調停はもちろんのこと、子供の意志を一番に

それなりに大きな子供なら子供の意志が優先されることもあります。離婚する両親に罪はなくても責任はあります。しかし両親の離婚に振り回される子供には何の責任も罪もないのです。

子供たちが一番幸せになれるためにはどうしたらいいのか、それだけはどんなに嫌い合ったもの同士でも心を合わせて一生懸命考えなくてはいけません。子どもの事だけは父親が引き取ればいい、母親が引き取ればいいといった単純な話ではありません。

どちらが愛情を注げるのか、どちらの元にいれば子供が幸せになれるのか。自分の主観を交えず、冷静な判断を下すことが結局は子供のためになります。養育費のために子供を連れていきたいなどというのはまず言語道断です。子どもはお金や老後の保険ではありません。

子供の意志、そして将来を一番に考えられる人にこそ、子供を養育する権利があるのです。今一度、子供にとってどういう形がベストか冷静になって考えてみましょう。

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.