離婚の切り出し方とタイミング/相手が離婚を考えていない場合

離婚の切り出し方とタイミング

更新日:

結婚と同様に、いえそれ以上に人生の転機となるのが『離婚』です。恋人同士でも付き合う時よりも別れるときに揉める方が多いようにやはり結婚するときよりも離婚するときの方が何かと揉めやすいものです。

今回は苦労が多い離婚の中でも最初の難関である『離婚の切り出し方』とその『タイミング』について、お話しします。

  • 離婚を切り出す前にすべきこと
  • 離婚の切り出し方 妻から夫への場合
  • 離婚の切り出し方 夫から妻への場合
  • 切り出しやすいタイミング

離婚の申し出はタイミングと切り出し方で大きくその後の展開が変わってくることもあります。

何事もやはり“最初”が肝心です。

離婚をなるべくスムーズに進めるためにもまずは失敗の可能性をなるべく低くするべく準備を始めましょう。

スポンサーリンク

離婚を切り出す前にすべきこと

まず一口に離婚と言っても夫婦ごとに事情も違えば、離婚の切り出しやすさについてもかなりの差があるはずです。

すでに夫婦として破綻している関係の場合は別れようという一言も言いやすいでしょうし、逆に自分だけが離婚を考えている場合は離婚を言いだすのは非常に難しいでしょう。

今回は基本的に、相手は離婚を考えていないというケースを主にお話をしていきたいと思います。

離婚を切り出す前にしておきたいことですが、相手に夫婦生活を送っていく上で瑕疵があるときは、その証拠となるものをきっちりと押さえておきましょう。

例えば、相手の浮気、夫婦生活の放棄、DV(経済的なものも含む)、モラルハラスメントなどがあった場合、これらの証拠は離婚を切り出し、離婚を進めていくうえで大きな力になってくれます。これらの証拠があるとないとでは後の苦労が大きく違ってきます。

特に相手に問題がない場合は、まず離婚後の生活や離婚した場合の条件についてなど、将来のことをしっかりと考えておきましょう。

何の展望もなく離婚を言いだしても、本気でないと一蹴されてしまうのがオチですし、先行きが見えないと自分自身の決意も揺らぎやすくなってしまいます。

離婚の切り出し方/妻から夫への場合

離婚を切り出す際には、なるべく感情的にならずに淡々と対応することが大切です。

男性は理屈で話をする人が多いので、感情的な話になってしまうと真面目に受け取ってもらえないこともあります。

『私は感情的になりやすい方だわ…。』

そう思うならば、離婚したい理由や離婚への条件などを事前に紙などに書いてまとめて置き、それを話合いの場で見せながら話しても良いでしょう。

男性側になにか問題がある場合はしっかりと証拠を押さえておき、もし離婚に同意してくれないのならば調停(裁判)に持ち込むというのも効果的です。

対外的なメンツを気にする男性は、裁判沙汰になることや会社に迷惑をかけることをひどく嫌います。そうした男性心理を逆手にとって離婚を切り出すと効果的でしょう。

注意点として、あなたが専業主婦の場合、長らく社会から離れていると社会復帰できるかという不安はつきものです。gその弱みを夫に強くつかれると決意が揺らいでしまうことがあります。それでも揺らがないという意志をもって離婚を切りだなければいけません。

スポンサーリンク

離婚の切り出し方/夫から妻への場合

夫から妻へ離婚を切り出すのは、ある意味妻から夫へと離婚を切り出すより難しいかもしれません。特に女性が専業主婦である場合、女性もよっぽどの理由がない限りなかなか離婚に同意してもらえないでしょう。

彼女たちからしたら、その後の生活がかかっているのですから当然です。また男性から別れたいと切り出すことは、女性のプライドを大きく傷つけ、対応を意固地にさせる可能性もあります。

できたら切り出す際には離婚届は前もって準備しておくべきです。

そして彼女たちになるべく「離婚したい」と思わせるような話し方をするのです。相手が激昂して離婚だ!と怒りだしたら、その場で離婚届にサインしてもらいましょう。

また最初に慰謝料等で女性有利な条件を持ち出すのも効果的です。

経済的な面で男性に依存したいと考えている女性の場合は、長引けば話がややこしいことになりがちです。勢いを持って、素早くことを進める覚悟を持って、切り出しましょう。

離婚を切り出しやすいタイミング

当たり前なのですが、相手が病気になるなど弱っているタイミングを狙ったり、女性側が妊娠したタイミングを狙ったりするのは逆効果です。

相手を怒らせ、恨みを抱かせるようなタイミングで切り出せば、それだけで離婚が成立する可能性はぐっと下がってしまいます。

最も切り出しやすい場合は、二人の間に子供がいない場合です。子どもがいなければ離婚のハードルはぐっと下がります。

子どもがいない、また妊娠していない状態。そしてお互いに別れてもまだ人生のやり直しがきく見通しがある(両者とも共働きをしている等)ときが、最も離婚を切り出しやすいタイミングと言えるでしょう。

子どもがいる場合や、相手が自分に依存している場合などは、なかなかタイミングが計りづらいです。

相手に何か問題があればその証拠が集まったとき、つまりは裁判をしても負けないような強い証拠が揃った時が良いタイミングです。

ただ相手になんの落ち度もなく、自分にとの結婚生活に満足している状態であれば、切り出しやすいタイミングは皆無に等しいでしょう。

そのときは腹をくくって、自分が一番相手を説得できると確信したタイミングを計るしかありません。

《2017年下期 待ち受ける運命日を知る方法》
私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。
『恋と運命の真実』では、2017年下期にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく教えてくれます。
今なら、『全員無料』鑑定してもらえます。
近日中に起こる運命を知りたい方は、今すぐ期間限定『全員無料』をお試しください!

おすすめ

pairs

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.