専業主婦だけど離婚したいと考えている女性へのアドバイス

悩む専業主婦

更新日:

専業主婦のあなたは生活の安定<離婚?

専業主婦を現代でも夫に従うものだというように思っていたり、また夫の資産を食いつぶすだけの存在と思っていたりする人がいます。

また悲しいことに同じ専業主婦の中でも、夫の資産は自分のものだと考えてお金を運んでくるだけの存在として夫をぞんざいに扱っている方もいらっしゃいます。

専業主婦のあり方についての議論は避けますが、専業主婦である以上どうしても避けられないのが『お金』の問題です。

専業主婦とひとくくりにしても、元は仕事をしていて辞めて家庭に入っている人もいれば、全く仕事をしていない状態で専業主婦になったと言う方もいらっしゃるでしょう。

ただし、どちらにしても一部の資格持ちなどでない限り、離婚後すぐに復職できるという女性は少ないのが現状です。専業主婦の離婚となると、多くの場合は経済力を確保する段階でつまずく人が多いのです。

どうしても夫と離婚したいと思うかもしれませんが、生活の安定を捨ててまで離婚したいという覚悟があるのでしょうか?

覚悟なしに踏み出せば、離婚が上手くいっても行かなくてもどちらにしてもあなたにとってはあまり良い結果をもたらしません。悲しいことですが、人が生きていくためにはある程度のお金は必要なのが現実です。

生活の安定と離婚のどちらを選択するのか、まずはしっかりと考えて自分の中で答えを出しておきましょう。その結果、生活の安定を取ったとしても誰もあなたを責められません。

ただその安定を捨ててでも今の生活から逃げたい、離婚したいという強い意志があるのなら、離婚に向けて一歩ずつ着実に進んでいきましょう。

スポンサーリンク

女一人でも生きていける!

先述したように、専業主婦の離婚問題では経済力を確保する段階でつまずくことが多いのが現状です。しかしだからと言って、専業主婦には絶対に再就職が無理なのかと言われるとそんなことはありません。

女一人でもがんばれば絶対に生きていくことができます。そのために必要なのが覚悟なのです。

子供連れの場合はもう少し複雑になるでしょうが、やる気さえあれば子供がいても養っていけます。夫から養育費をもらうことができますし、逆に子供連れの方が公的補助は手厚くなります。

子どものために我慢をするというのも大切ですが、行き過ぎて子供を言い訳にするような事態になってはいけません。子どもがいるときは慎重に、しかし自分の確固とした意見を持ちましょう。

資格がない女性におススメなのは、看護師や介護士資格を取ることです。要件さえ満たせば補助金が下りる制度などもありますし、なにより現在この二つなら仕事がなくなるという心配がありません。

様々な公的補助などをしっかりと調べ、利用できるものは全て利用するのも大切なことです。離婚後の生活が絶対に立ち行かないと落ち込むのではなく、離婚前から資格を取る勉強をするなりしてしっかりと足場固めを始めるのが一番です。

スポンサーリンク

自立するプランを考える

資格を取ることをオススメしましたが、基本的には自立するプランをしっかりと離婚前に考えておくことが大切です。

幸い、現在お仕事をされていないのならばうまく時間をやりくりできれば、勉強する時間や離婚後の生活について調べる時間を捻出することも可能です。

自立プランを作ることは離婚後の生活の安定という意味だけでなく、離婚への意気込みを後押ししてくれる効果もあります。

今後どうなるか全くわからない状態で離婚話を進めるより、こうした自立プランが自分にはあるのだから大丈夫だと思っていた方がずっと前向きに離婚に対して向き合っていけます。

なにから手を付けていいのかわからないと言う方は、自分なりの自立プランを作ってみましょう。自立プランが作れないときは、どこでつまずいているのかを調べましょう。

仕事のところでつまずいているなら資格が取れないかどうか調べたり、両親や親戚のつてを頼めないか聞いてみたりすることで、解決することもあります。

少しずつ、急がなくてもいいので自分に自信をつけていきましょう。自信があれば世界の見え方はがらりと変わります。一人の女性として輝けるように、少しずつ前へと向いていけるように頑張りましょうね。

友達にバレずに出会いが見つかるアプリ♪
マッチングアプリは知り合いに秘密で使えるのが一番のメリット!
涼しくなって人肌恋しくなる季節、ひとりだと寂しくなりますよ
新しい出会いでキュンとするような恋をGETしてください★☆ 今人気が高いマッチングアプリを3つ紹介しますね。

おすすめ

pairs

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.