離婚したいのにできない・・・離婚に踏み出せない人に共通すること

離婚したいけどできない女性

投稿日:

「離婚したいけど踏み出せない。」そう悩む女性も少なくありません。離婚は大きな決断ですから、なかなか行動に移せずためらってしまう人も多いでしょう。

しかし、関係性を修復できないのであれば我慢していてもストレスが溜まるだけです。できるだけ早いタイミングで決断し、最善の方法で離婚を進める必要があります。

では、どんな理由で決断できないのでしょうか。よくあるケースを参考にしながら、離婚に踏み出せない人に共通する不安要素を確認していきましょう。

スポンサーリンク

離婚後の生活が不安

特に専業主婦に当てはまるケースですが、離婚後の収入や仕事における悩み。離婚したくてもお金がないから別れられないと不安を抱える女性が非常に多いようです。

たとえば「子供がいる」とか「社会復帰に自信がない」とか、離婚したあとの生活がリアルにイメージできないことで自信をなくし、なかなか離婚に踏み出せない人。

確かに社会復帰するとなれば多少のブランクは覚悟しなければなりませんが、「離婚は夫婦関係を終わらせて、自立するための手段にすぎない」ということを忘れてはいけません。

子供の将来が不安

離婚は夫婦間の問題であって子供には関係ないこと。それが分かっているからこそ簡単には決断できず離婚に踏み切れないわけですよね。

また、親権を望むなら養育費の問題や生活費を自分で稼ぐことへの不安もあるでしょう。一人親になることで子供に影響する不安も考えてしまいます。

子供への罪悪感から離婚に踏み出せないケースもありますが、シングルマザーで立派に子育てと仕事の両立を頑張っている女性もいるのは事実。

問題と向き合い、まずは離婚後の生活を具体的にイメージしながら“子育て”を軸にして現実的なライフプランを組み立ててみましょう。

夫が離婚に同意してくれない

結婚するときと同じように、離婚も二人の同意があって成立するもの。ですから、離婚したくても相手が同意してくれなければ手続きできません。

このパターンにありがちなのが、夫がDVだったり世間体のために離婚を認めてくれなかったりするケース。こうなると厄介ですね。

夫が離婚に同意してくれない場合は、裁判所に離婚調停を申立てて解決する方法が考えられます。あと、弁護士に介入してもらい離婚を成立させるのも一つの手段です。

スポンサーリンク

離婚できない本当の理由

離婚できない人に共通する不安要素は、結局のところ“迷い”です。収入のこと、社会復帰のこと、子供のこと、夫が同意してくれないなど、すべては覚悟をもてず迷っていることが理由。

確かに、いろんな不安を考えると簡単には決断できないでしょう。しかし、我慢していても状況が良くなるわけではありませんよね。

もう一度、冷静になって「なぜ離婚しなければならないのか?」を考えてみると進むべき道が自ずと見えてくるのではないでしょうか。

そして、離婚後の生活をフワッとイメージするのではなく、離婚後の仕事や住まい、子育てなど必要な条件を揃えて問題点を一つずつ解決していくことが大切です。

そうすれば、必然的に“離婚したい”という願望から“離婚するべき”という自覚へと変わります。このまま我慢を続けて自分を縛りつけておいても何も解決しないでしょう。

離婚して後悔しないために

たまに「離婚して後悔する人がいる」なんて話も聞きますが、それは離婚したことを後悔しているのではありません。

離婚後の生活でつまずき、“離婚するタイミングを間違えた”ことに気づいたから後悔しているのです。つまり、準備不足が原因です。

離婚は、新しい人生へ踏み出すために与えられるチャンス。旅立つ前には必ず準備が必要になります。不安に惑わされて判断能力を鈍らせてはダメ。

もし一人で解決できないのなら、離婚に詳しい弁護士に相談するなり、アドバイスをもらうなりして正しい決断をすることも選択肢の一つ。

周りに目を向け、現状を冷静に見つめることからはじめてみるといいかもしれませんね。

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.