不倫の結末!生々しい体験談4選/わかってたけど後悔しかない…

上司との職場不倫

更新日:

不倫はいけないとわかっていても、スリルがあって普通の恋愛より燃え上がる!

ですが・・・

不倫の結末はドロ沼で精神的にボロボロになることも多いんです。

今回は、不倫経験者が語る生々しい体験談『不倫の結末!エピソード4選』をお届けします。

現在、不倫をしている人は、最悪どんな結末が待っているのか知っておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

社内不倫がバレて仕事を失う(31歳女性 派遣社員)

会社で上司と不倫をしていました。

好きな人に奥さんが居ただけだと、最初はそんな軽い気持ちで始めた恋だったのに、どんどん彼が欲しくなってのめり込んで行きました。

毎日彼に会社であえるのが楽しみで、仕事も楽しくて・・・。

でも、そんな矢先、彼の奥さんに勘付かれ、探偵を雇われ調査され、彼との関係がバレてしまいました。

それだけならまだしも、悔しさが抑えられない奥様は会社に暴露したのです。

社内恋愛は禁止ではなかったものの、形が不倫だったために、彼は遠い職場(関連会社)に飛ばされ、役職も取られお給料は激減。

私は、周りの人の噂に耐えられず辞職。その後、彼の奥さんが彼と離婚し、彼に慰謝料を請求。

お金を全て吸い取られ貧乏になった彼が「付き合ってくれ」と私に言ってきましたが、もう付き合う気になれませんでした…。

ヤリチン不倫男に捕まって妊娠(28歳女性 OL)

彼はエリートで仕事もバリバリ出来るタイプの男性。確かに、モテるタイプでした。

同じ会社でしたが、周りの男性も一目置いている上司で憧れの存在。恋に落ちるのにそれほど時間は掛かりませんでした。

結婚はしているものの、奥様とは別居しているという事でお付き合いがスタート。いけないとは思いましたが、不倫をやめる事ができない私がいました。

しばらく彼と付き合いを続けていると妊娠が発覚。彼は、奥様と別れるから結婚して欲しいと私に言いました。飛び上がるほど嬉しかったです・・・。

私の妊娠がわかってしばらく経つと、彼からのデートの誘いや連絡が急に途絶え始めました。

子供のこともあり不安に思った私は探偵を雇い彼の身辺調査を開始。

でるわでるわ・・・。彼は何人もの女性とお付き合いを同時にしていて、その中の一人を私と同じように妊娠させ裁判を起されている最中だったのです。

子供には罪はないと思ったのですが、親の反対で泣く泣く中絶。しばらくうつ状態で食事も食べれず、心療内科に入院。仕事も失いました。

ダブル不倫で泣き寝入り(33歳女性 主婦)

私の旦那が、私の親友と不倫をしていた事に気が付いたのは1年前でした。きっかけは、携帯電話の履歴。

まさか!とは思いましたが、親友に問い詰めた所あっけなく暴露。親友も結婚していたので、ダブル不倫という形だったのでしょう。

悔しくて、私は裁判で親友に慰謝料を請求しました。しかし、向こうも頭を使ってくるもので、相手の旦那様が私の旦那を訴えてきたのです。

裁判ではどうしても男性側が悪くなる事が多く、裁判をやめなければ、コチラが損をする形に。

結局私は、親友をなくし、旦那とも離婚し、嫌な思いをしただけで泣き寝入りするしかなく苦しい毎日を過ごしました。

スポンサーリンク

貧乏になった彼を押し付けられて・・・(29歳女性 看護師)

彼との不倫は3年続きました。

私は、彼の事が好きでたまらなくて奥さんが居るのを解っているのに、関係をやめる事ができませんでした。

彼の家族は、奥さんと子供5人の大家族だったのですが、家に帰るのがしんどいと、時々一人暮らしの私の家に泊まったりするような付き合い方でした。

でも、ある日、奥様にバレたんでしょう。落ち込んだ様子で「奥さんにバレた」と私の元を訪れました。

子供の養育費を5人分払っていく事になったと告げられ、最初はお金のことは良く解らないと思っていましたが、かなりの額、お給料から奥様に取られる事を後で知りました。

彼はそれから一人暮らしするお金も無く、私の家に転がり込んできました。

お金も無くどこも遊びに行けないし、彼は子供に会いたいと愚痴をこぼすしで、だんだん彼が疎ましくなってきた頃。

私の家に一通の手紙が届きました。彼の奥さんからです。

「金のない旦那なんてあんたにあげる!せいぜい面倒みてあげて」とだけ書いてありました。

住所をどう知ったのかはわかりませんが、鳥肌が立ちました。

まとめ

いかがでしたか。

不倫の代償って大きいなって私も皆さんのエピソードをみて感じました。

社内不倫がバレで会社で奥さんが大暴れしたなんてケースもあるようですよ。

大好きになった人に相手がいる・・・その奥さんが嫉妬深い人なら貴女の身に危険が迫る事も考えられます。

自分のお付き合いが本当にこのままで良いのかをじっくり考える機会を作る事も大切なのかもしれませんね。

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.