父親の浮気が許せない!娘がした復讐の体験談3選

父親の浮気が許せない娘

投稿日:

父親の浮気って本当に気持ち悪い…。他の女性と男女の仲になっていると考えると、嫌悪感を抱いて当たり前です。

今回は、『父親の浮気に直面した娘さんたちの復讐体験談』を集めました。

父親の浮気は夫婦だけの問題ではなく、家族の問題でもあります。

父親の浮気に対して、娘さんたちはどのように対処したのか。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

父親の浮気が気持ち悪い、探偵をつかって追い詰めた

Y.A 23歳女性 
父親48歳

父親の浮気現場を発見したのは、本当に偶然でした。いつもは利用しない少し離れた駅にいたのも、本当に偶然です。

たまたま一緒にいた友人が、雑誌か何かで見たらしい隠れ家的なカフェに行こうと言い出さなかったら、近寄りもしなかったでしょう。

だから父親も、まさか私がそんなところにいるだなんて思いもしなかったんだと思います。

カフェの帰り道、電車に乗ろうとしたとき、ふと知った顔が見えた気がして振り返ったんです。

そこにいたのは、父親でした。声を掛けようとして、思いとどまったのは、すぐに父親の傍にいる若い女性に気が付いたからです。

私と同じ歳か、少し年上くらいの女性でした。仕事の関係かな?と思いましたが、女性はピッタリとしたラインの派手なワンピースでしたし、それにどう見ても雰囲気が仕事っぽくなくて。

結局そのときは友達も一緒な手前、それ以上父親を追いかけるわけにもいかず家に帰りました。

でもやっぱり、納得できなかったので、こっそり父親のスマホを見てみることにしたんです。

機械にあまり強くない父親のスマホを設定してあげたのは私だったので、スマホを見るのは簡単でした。

もし浮気ならラインでやり取りしてるかなと思って覗いてみたら、案の定、思いっきり証拠が並んでいました。

消し方がわからないのか会話が全部とってあったのを読んでみると、どうやら会社に入ってきた若いアルバイトの女の子と半年ほど浮気しているみたいでした。

「世界で一番かわいいよ」
「大好き」
「離婚して君と結婚する!」

などと自分の父親が書いているのを見てしまった娘の気持ちとしては『キモイ』の一言…。

本当に気持ち悪くて、何度も吐きそうになりながら、とりあえずライン画面を保存して、自分のスマホに送りました。

でも調べてみると、これだけじゃ不倫の証拠としては弱いみたいで…。

幸い私はすでに就職して働いているし、祖母の遺産分配でまとまったお金をもらっていたこともあり、思い切って探偵を使うことにしました。

結構お金がかかりましたが、自分で追いかけるような時間はないし、素人が手を出して逃げられてしまってもバカバカしいと思い、母には内緒でこっそり依頼しました。

プロはさすがですね。

一週間でしっかりラブホに入る二人の姿をキャッチしてくれました。

母には、この段階でもまだ言い出せませんでした。父親を信じている母に、こんな真実を突きつけるのは、私にはムリです……。

とりあえず父親をファミレスに呼び出して、そこでラインの画面や探偵が集めてくれたデートの映像や写真を見せました。

人って、ピンチのとき本当に真っ青になるんですね。

顔面蒼白って感じになった父親は、私に何度も「すまん」「出来心で」とかなんとか言って、謝ってきたんですけど、許せるわけないですよね。

とりあえず母に見せるのは保留ということにしていますが、このまま黙っているつもりはありません。

証拠を握っている以上、こちらが優位なので、これからなるべく母を傷つけないようにしながら、父親をさらに追い詰めていきたいと思っています。

父親の浮気相手へ会って復讐しようとしたけど…

M.U 21歳女性 
父親50歳

父親の浮気が原因で、家庭が崩壊しました。両親はまだ離婚していないものの、家庭内では会話もありませんし、離婚までは秒読みって感じです。

多分、私が大学を卒業したら離婚するつもりなんだと思います。浮気のことがわかるまで、父親のことは本当に尊敬していました。

姉と私、二人とも好きに進学させてくれて、いつでも私たちのやりたいことを応援してくれました。

優しくて、大好きな父親だったのに…。

母は浮気がわかったとき、泣いてました。私たちの前では絶対泣かない母が泣いているのをみて、私も怒りがこみあげてきて涙が止まらなくなりました。

浮気写真も見てしまったのですが、浮気相手はそんな綺麗な人でもないし、どっちかというと地味な人で、なんでこんな女の人と浮気したのかと思うと余計に悔しくて。

だからなのか、だんだんと、浮気相手の女性に父親が騙されてるんじゃないかと思うようになったんです。

この女のせいで家庭がボロボロになったと思うと憎くて仕方なくなって、とうとう、両親に隠れて女性のところに会いに行ってしまいました。

浮気相手の女性のこと、名前と勤務先しか私は知らなかったので、勤務先の会社の前で待ち伏せして彼女を捕まえました。

私が名乗ると彼女はすぐに父親の娘とわかったようで、近くのファミレスに連れて行ってくれました。

浮気のことを問い詰めよう、なんなら泣くまで責め立ててやろうと思っていました。

ですが、実際に浮気相手に会ってみるとすごく穏やかで大人しい人で、拍子抜けしちゃって何も言えませんでした。

彼女は本当に申し訳なさそうに何度も謝ってくれて、怒りでいっぱいだったはずなのに、そのうち「なんでこんな人が浮気なんてしたんだろう」と思ってしまったほどです。

だって、本当にいい人そうだったから。

「なんで父と浮気したんですか?」と私が聞くと、
「既婚者だと知らなかった」と彼女は歯切れ悪く言いました。

彼女が嘘を言っていないのは、女の勘でわかりました。続けて私は聞きました。

「どうして知らなかったんですか?」

「バツイチだといわれていて」

「バツイチって、父が言ったんですか?」

「はい…」

「じゃあ私が、子供がいるってことも、もしかして言わなかったんですか?」

「はい、でも、私もバツイチとだけ聞いて子供のことは聞かなかったから」

彼女はとにかく父親のことを悪く言わないように、気を付けているみたいでした。

だんだん彼女がかわいそうになってきて、私、思わず色々聞きだしちゃったんです。

彼女は父親とは職場も違うし、共通の知り合いもおらず、本当にバツイチと思い込んでいて既婚者であることを知らなかったみたいでした。

「でも知らなかったからって、許されるわけじゃないし、お父さんだけが悪いわけじゃない」って言ってて、

本当にこの人はいい人だったんだなって思うと同時に、こんないい人を騙して家族を裏切っていた父親に対する怒りが湧き上がってきました。

父親と血がつながってることすら嫌でたまりません。

大学を辞めてもいいから離婚してほしいと思っているんですが、母も姉も反対しているので、大学だけは卒業したいと思っています。

スポンサーリンク

離婚後、再婚した父親を許せない

K.H 21歳女性 
父親45歳

父親がどうしても許せません。

昔から浮気癖がひどかったみたいで、私が物心ついたときにはすでに母と父の仲はサイアクの状態でした。

何度も不倫した挙句、私が16歳の時、両親は離婚しました。

父親としても家庭に戻りたい、許されたいというよりは、とっとと離婚してフリーになりたいって感じで、かなりアッサリと離婚決定…。

離婚後もフラフラしてたみたいですが、私には関係ないと思って全く連絡を取っていませんでした。

でもこの間、親戚からポロリと父親が再婚したことを聞いてしまったんです。

私たちをこんなに不幸にして、私なんて進学も諦めて就職して、今だって必死に働いているのに。

父親は幸せいっぱいに暮らしてるみたいで、なんと再婚相手との間に赤ちゃんもいるみたいなんです。

どうして、あんなに適当でいい加減で、私たち家族をポイ捨てするみたいに簡単に捨てた男が幸せになれるんですか。

許せないんです、どうしても。頭では父親はもう私たちの家族ではないのだから、それぞれの人生を歩めばいいってわかってるんですけど、気持ち的に受け入れるのはムリ!

苦労ばっかりしている母や兄、私と同じで大学にも行けず一生懸命働いている弟。

浮気して私たちを捨てた父親だけが幸せになれるなんて、どうしても許せませんでした。

どうにかして復讐してやりたい…あの男を不幸にしてやりたい。

そんなことばかり、最近は考えています。

どうせあんな男また不倫しているだろうから証拠をつかんで家族に匿名で送りつけてやろうとか、過去のあの男がしてきたことを手紙に書いて家のポストにいれておいてやろうとか…色々考えます。

実行はまだしてないですけど、そのうち何かしてしまいそうな自分が怖いです。

子どもに育つ家庭は選べないのに。不倫で傷つく子供がいることを、不倫中の人たちは今一度思い出してほしい…。

不倫の一番の被害者は、いつだって子供なんですから。

まとめ

父親の浮気を知ってしまうことは、子供にとってひどいショックなのだなと改めて思わされました。

不倫を選択するのは個人の自由かもしれません。でも、その裏で辛い思いをする子供や家族の存在を忘れてはいけませんよね。

父親は軽い気持ちで浮気したのかもしれませんが、年頃の娘さんたちに大きな悪影響を与えます。もっと責任感をもってほしいです。

安心安全な人気が高いマッチングアプリ♪
マッチングアプリは知り合いに秘密で使えるのが一番のメリット!
寒くなってきて人肌恋しくなる季節、ひとりだと寂しい…(; ;)
今一番出会える、マッチングアプリを3つ紹介します♪

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.