彼女いない歴=年齢の男性が彼女を作るためにすべきこと

男もモラハラ被害者になる

更新日:

「彼女いない歴=年齢」の男性は、なぜ恋人ができないのでしょうか?

イケメンでなければ恋が出来ないなんて事はありません!

彼女いない歴=年齢であっても恋愛をしたい!彼女を作りたい!という気持ちさえあれば、恋愛のチャンスは必ず巡ってきます。

しかし、彼女を作るためには、自分自身を見つめ直して最大限の努力をすることも必要です。彼女いない歴=年齢の男性が、彼女を作るためにすべきことをまとめてみました。

  • 自分に自信を持つ
  • 彼女に求める理想が高い
  • 女性の思考を理解する
  • 協力者を作る
スポンサーリンク

自分に自信を持つ

彼女いない歴=年齢の男性は、自分に自信がなく、自らが女性に対して壁を作ってしまいがちです。相手に心を閉ざしたままでは恋愛は進みません。それどころか、せっかくのチャンスを棒に振ってしまう事に繋がります。

自分なんて・・・といったネガティブな発想は、恋愛をどんどん遠ざける一方になります。女性の言葉ひとつひとつに敏感になっている事はありませんか?

深読みしすぎるとドツボにハマり、悪い方向に転がっていきます。あなたの周りのモテる男性は、自分に自信がある人ではないでしょうか?

自分に自信を付けるためには、自分の仕事、趣味、生き方を見直してみましょう。ファッションや髪型など、自信を付けるために見た目を変えることもおすすめです。自分を好きになることで、女性からも好かれる男性になります。

彼女に求める理想が高い

彼女いない歴=年齢の男性は、女性に対して理想が高いことが問題となっている事もあります。好きな女性が出来ないという方は、自分の理想が高すぎると感じませんか?

顔が可愛い、スタイル抜群、知的、家庭的、上品・・・・求める条件が高ければ、なかなか理想の人に巡り合うことができません。そのため、理想と現実を区別することが大切です。

理想に完璧に近いハイスペックな女性を手に入れるためには、自分自身も高める必要があります。

自分の事を棚に上げておきながら、相手にだけ高い条件を求めることはNG。

マンガや映画の主人公のような完璧な女性を理想にしていませんか?失敗をしたり、コンプレックスを抱えていたり、人間は完璧でないからこそ個人の魅力となる事を心得ておきましょう。

スポンサーリンク

女性の思考を理解する

男性と女性は全く違う生き物です。考え方や感じ方が異なるため、男性にとっては理解できない言動があるかもしれません。しかし、それは女性側も同じです。

“理解することが面倒臭い”となってしまえば恋愛はできません。恋愛なんて面倒なことの連続です。しかし、相手を理解して自分を理解してもらえた時は、これほどの幸福感はありません。自分に興味を持ってもらいたいのなら、まずは自分自身が相手に関心を寄せることです。

例えば、女性と話をするときに自分の話だけになっている方はいませんか?自分をアピールすることも大切ですが、きちんと相手の話に耳を傾けて興味を持つことが大切。

そして理解してあげる事が、2人の距離を近づかせるためには必要なステップとなります。まずは、趣味や嗜好などを会話の中から探ってみましょう。

協力者を作る

彼女を作りたい!と思っていても、まずは出会いがなければ始まりませんよね。

現在、出会いの場は豊富にあり、職場や学校など身近なところに出会いがなくとも、お見合いパーティー、街コンなどを利用すれば出会いの場にいつでも参加することができます。

しかし、出会いの場に参加するには、1人では勇気がいることですから、一緒に参加をしてくれるような協力者を作りましょう。

できれば、同じように恋愛経験がない人ではなく、ある程度の恋愛経験を積んでいる人と仲良くなることがおすすめです。

恋愛のアドバイスをもらいながら、時に「紹介」という形で女性に出会えるチャンスも増えます。

合コンや飲み会の場が苦手な方でも、協力者がいることで手助けしてもらえることがありますので、信頼できる友人には彼女が欲しい事を打ち明けてみましょう。

《2017年下期 待ち受ける運命日を知る方法》
私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。
『恋と運命の真実』では、2017年下期にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく教えてくれます。
今なら、『全員無料』鑑定してもらえます。
近日中に起こる運命を知りたい方は、今すぐ期間限定『全員無料』をお試しください!

おすすめ

pairs

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.