主婦の不倫体験談3選、昼ドラを超えるドロドロの不倫

主婦のドロドロ不倫

投稿日:

最近増えているともいわれる、主婦による不倫。

しかし、たかが不倫と思っていたら、いつの間にか泥沼にはまってしまっていることも!

今回は、ドロドロの不倫劇を体験した主婦に、匿名で体験談を語ってもらいました。

昼ドラなんて目じゃない壮絶な不倫の世界、よろしければ一緒にのぞいてみませんか?

スポンサーリンク

W不倫で多くの人を巻きこんで大混乱に

みのり(仮名) 
結婚5年目・35歳・共働き・子供なし

不倫を始めた時は、ほんの軽い気持ちでした。まさか、あんなことになるなんて…

私はあまり恋愛に積極的なタイプではなく、今までに夫としか付き合ったことがありませんでした。

思えば、それが私にとってコンプレックスだったのかもしれません。

だから、取引先の男性に言い寄られたとき、正直、うれしかったんです。相手も結婚していることを知っていたのに。

夫とはなんとなく付き合って結婚したため、恋愛の盛り上がりのようなものはありませんでしたから、恋愛そのものへの憧れもあったのだと思います。

不倫はいけないと思いながらも、食事に誘われると断れず、夫に嘘をついて仕事終わりにデート。

そのまま体の関係を持ってしまいました。今思えば、本当にバカだった。

でも、当時は不倫の背徳感からか思い切り舞い上がってしまい、そのままどっぷりはまってしまったんです。

残業と嘘をついて、毎日のように男性と約束してデートしました。

ちょっとしたドライブやホテルでの短いデートがほとんどでしたが、何度かこっそり有給をとり、二人で遠出することもありました。

下着や洋服にもこだわるようになりましたし、スキンケアにも力を入れるようになりました。

そんな派手に生活を変え、遊んでいて、バレないはずがないですよね。

でも当時、私も、多分彼も、家族にバレるなんてこと、本気で心配してなかったんだと思います。

だんだんと私たちの行動は大胆になり、夫がいないときに彼を家に招いたり、逆に彼の奥さんがいないときに家にお邪魔したりするようになりました。

全てがバレたときも、私は彼の家にいました。

二人でベッドに寝ころびながらくつろいでいたとき、急に玄関の方で音がしたんです。

ドアの開く音、そしてバタバタという複数の足音がすぐに聞こえたように思います。

私たちは飛び起きて、慌ててベッドから立ち上がり、服を着ようとしましたが、間に合いませんでした。

ほとんど素っ裸の状態の私たちの前に、ドアを開けて入ってきたのは、彼の奥さんとご両親、そして私の夫でした…。

ショック状態だったからか、私は記憶が定かではないのですが、とにかく泣きながら土下座をして謝ったように思います。

彼も、隣で同じことをしていました。多くの人が入ってきましたが、私たち以外には、誰も何も言いませんでした。

とにかく服を着なさい、と見知らぬ奥さんのご両親に言われるまで、私たちはずっと裸で頭を下げていたように思います。

顔を上げた時に、やっと夫を見ました。その時の、夫の感情の抜けたような顔が、今も忘れられません。

私は泣きました。恐ろしいことが起こったのだと思いました。

この事態を自分が巻き起こしたのだという意識は抜けていたように思います。

ただ、目の前の人々に許してもらわなければならないと、そればかりを考えていました。

相手の奥さんは気丈な人でした。淡々と、不倫には早い段階から気づいていたといい、主人を呼んだのは自分だと私に言いました。

その後、彼女が私たちの不倫の証拠を集めていたこと、離婚しかないことを告げました。

彼が「なんで両親まで連れてくるんだ!夫婦のことだろう」と言ったとき、はじめて彼女は怒ったように「私一人だと、あなた話なんて聞いてくれないじゃない」という風なことを言ったように思います。

そこからは、彼と奥さん、そして奥さんのご両親の言い争いが続きました。

彼は顔を真っ赤にして、夫婦のことだ、離婚はしない、俺は悪くない、と言い続けていて、私はそれを見ていて気持ちがすうと冷めていくのを感じました。

その後はそれぞれの家族で話をするようにと言われて、家に帰されました。

帰路、夫は「離婚しよう」と言いましたが、私は泣いて拒否しました。離婚は絶対にしたくありませんでした。

いやだ、というと夫は「不倫に気づいていたのに、言えなかった。お前が嫌になったというよりも、そんな自分が嫌になった。もう一人になりたい」と静かに言いました。

結局、今も夫の態度を変えることはできず、私たち夫婦は別居しています。

離婚は拒否していますが、夫は私の不倫の証拠を押さえているようで、いつ強硬手段に出られるかと思うと落ち着かない日々です。

不倫相手は離婚したようですが、奥さんから慰謝料の連絡があっただけで彼とは音信不通です。

今更、不倫をする気にはならないのでちょうどよいんですが…。

あの日、夫や不倫相手の家族に踏み込まれてから、自分の心がどこかに行ってしまったかのようです。

でもなんとか離婚せずに済むように、これから少しずつ夫に許してもらえるように頑張りたいと思っています。

スポンサーリンク

親友の夫と不倫関係に…

りほ(仮名) 
結婚15年目・41歳・専業主婦・子供1人

私の不倫相手は、親友の夫です。

小さなころから近くに住んでいた幼馴染兼親友だったA子。

地元で進学・就職したこともあり、高校だけは違ったものの、私たちはほぼいつも一緒でした。結婚したのも、同時期です。

でも最初は、A子の旦那に全く興味はありませんでした。

ただ幼馴染で近所、子供も歳が近いとなると、家族ぐるみで出かけたり、一緒に食事をしたりする機会がすごく増えるんですよね。

下手したら学生時代よりも密に付き合っていたんじゃないかな。

そんな風に一緒に過ごしていると、カレと会う機会も自然と増えてしまったんです。

私の旦那は面白みのない人だし、収入も正直良いとは言えません。

でも、カレは公務員だし、A子の実家近くに持ち家を立ててくれるぐらい甲斐性もあるし、なにより私と気が合うんです。

二人で話をするのが楽しい、みたいな気持ちから、時間をかけて、自然と深い関係になっていってしまいました。

子どものこともあるし、A子や旦那には申し訳ないと思うんですが、出会ってしまったものは仕方ないですよね。

今は、彼と一緒になれるように計画中です。

A子の家は彼の名義なので、最終的にはA子だけ出ていってもらって、私が彼の家に入ろうかなと思ってます。

持ち家、夢だったんですよね。旦那の稼ぎじゃいつまでたっても家なんて建たないし。

今から少しずつ、彼の家に合うカーテンとか家具を買いそろえてます。

旦那と子供には家具買いすぎ!といわれるけど、A子一家が使ってたものをそのまま使うのって気持ち的になんかイヤだし。

それに家具くらいはA子にもあげてもいいかなって思っているので。今なら、旦那の金で買えるので、新生活を始めた時の節約になりますしね!(笑)

お互いの娘が進学で出ていくまであと2年ほど。

A子の家にはもう一人娘がいますけど、長女が出ていったらもう離婚してもいいよね?と二人で話し合っています。

早く離婚して、彼と再婚して、夢の持ち家ライフを送りたい~!第二の人生が今から楽しみでなりません。

子供と親を巻き込んでの離婚劇

ひさこ(仮名) 
結婚21年目・48歳・共働き・子供3人

不倫って、バレるんですねぇ。

そもそもは私が不倫していたのがきっかけなんですが、それだって出会い系とかSNSで会った男ばっかりで、別にホンキの不倫ってわけじゃないし…。

確かに結婚して5年?くらい経った時から不倫してましたけど、不倫というか、外でストレス解消してるだけみたいな感じなんですよね。

男の人も、夜のお店に行ったりするでしょ。あれと同じだと思うんですけどね。

それに私はちゃんと仕事もしたし、子供も産んで育ててるし、家事はちょっと夫の方が分担多かったかもしれないけど、洗濯とか食器洗いとかはときどきやってたし。

なにより私の実家が近いので、子供は実家が見てくれましたしね。

実家が手伝ってくれるのは私のおかげみたいなものじゃないですか。

だから、なんであんなに夫が怒り出したのか、今もよくわかんないんですよね。

最初は「不倫に気づいてる。いい加減にしてくれ。今なら目をつぶる」みたいなことを言ってきただけだったんですが、無視していました。

別に共働きですし、離婚になってもいいかなという気持ちがなかったとは言いません。

でもそれ以上に、私のことが好きで一緒になったのだから、彼は我慢するだろうと思ったんです。

実際、その時はそれ以上何か言うでもなく、また数年は何も言ってきませんでした。

また不倫を咎め始めたのは、二年前くらいでしょうか。

多分、下の双子が高校生になったからだと思います。

今度は放っておいても、何度でも離婚しようと言ってきました。

「子供はどうするの?」というと、「子供たちも離婚に賛成だ」といって、取り合ってくれないんです。

なんでそんなウソをつくのかと思ったんですが、確かに子供たちは当時私に対して冷たかったんですよね。

反抗期だからかなと思っていましたが、夫が色々吹き込んでいたようです…。

しかもなぜか、私の実家まで離婚に賛成して、夫を自由にさせてあげるべきとか言ってくるので、本当に鬱陶しかった。

この歳になって親に泣かれるなんて思いもしませんでしたよ。

離婚は面倒くさいし、今更独身も嫌だなと思って抵抗したんですが、少し前に離婚成立してしまいました。

周囲からの声がうるさすぎて、子供も親も別れろって、夫以上に言ってくるんです。

でもなにより、当時付き合ってたカレが別れたら再婚しようと言ってくれたのが大きいですね。

前の夫よりも、ずっと若くていい男でしたし。

不倫してたのでお金のことはちょっと心配だったんですが、無事に慰謝料なし、財産分与ありで離婚できました。

当時のカレとは連絡が取れなくなってしまったんですが、今は新しい彼氏もいるので問題ありません。

子どもたちは全員夫について行ったので、身軽ですしね。今では、離婚して良かったかな?なんて思ってますよ。

まとめ

今回の泥沼不倫体験談、いかがでしたでしょうか。

事実は小説よりも奇なりとは言いますが、なかなかすごい体験談ばかりでしたね。

不倫の可否は置いておいて、女性の強かさというものはすごいなと感心する想いです。

不倫から見える女の強さは、もしかしたらこんな世の中を生き抜いていくために必要なものなのかもしれませんね。

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2018 All Rights Reserved.