『夫婦仲が悪い…。』改善するための3つの秘訣!

夫婦仲が悪い

更新日:

夫婦が不仲になるのには、もちろん原因があります。結婚生活が長くなればなるだけ、夫婦の関係も変化していきます。

昔は「一緒にいるだけでドキドキ」「会話するだけでときめいた」「相手のことに何にでも興味を持とうという気持ちになった」かもしれませんが、時間が経過すればそういった情熱が薄れてくる夫婦もいます。

でも、「一緒にいても楽しくないし、むしろ顔を見るとイライラしちゃう」「できるだけ一緒にいたくないから、できるだけ別室で過ごすようにする」という関係は、あまりいいものとは思えません。

せっかく結婚したのですから、元通りの関係を取り戻せたらハッピーですよね。

それでは、どうしたら仲が良かった頃の関係に戻ることができるのでしょうか。その改善策について紹介していきましょう。

  • 夫婦が不仲になる主な原因とは?
  • 夫婦仲を改善する秘訣① コミュニケーションをとる
  • 夫婦仲を改善する秘訣② 感謝の気持ちを口にする
  • 夫婦仲を改善する秘訣③ 相手の気持ちを尊重しよう
スポンサーリンク

夫婦が不仲になる主な原因とは?

まず、関係を改善したいのならば不仲になった原因を知ることも大事です。

たとえば、新婚夫婦が陥りがちな原因として考えられるのが「独身の頃の生活スタイルを崩さない」ことからくる関係の悪化です。

独身時代と同じように飲み歩いたり、趣味に夢中になったりするのは悪いことではありません。ただし、そのような行動に対してパートナーが不満を感じていたら話は別です。

また、「価値観の相違」が不仲の原因となることがあります。

結婚前には気付かなかったズレが生まれることもありますし、「わかっていたけれどこれほどまでとは」と今更思わされてしまうこともあるでしょう。

出産や育児に経験して、夫婦の意見が異なってくるケースも忘れてはいけません。出産や育児を機に産後クライシスや産後うつに苦しめられる妻が、夫の理解を得られずに不仲になることもあるそうです。

さらに、どちらかに明確な原因があって不仲になることもあるのです。
「不貞行為」「DV行為」「ギャンブルや浪費」などの原因のせいで不仲が生じていることもあります。

それでは、夫婦仲を改善する秘訣にはどんなものがあるのでしょうか?

夫婦仲を改善する秘訣① コミュニケーションをとる

まず当たり前のことですが、大事なのはコミュニケーションをとることです。

「もう話をするだけ時間の無駄。」
「話合ったってわかりあえない。」

このような気持ちを持つ方は多いですが、どちらかが歩み寄らないと改善は見込めません。

ここはひとつあなたから少しずつ夫婦間のコミュニケーションの時間を増やしてください。話題はささやかなことでかまいません。

「最近、面白いTV番組ある?」「会社の同僚が○○にだかけたらしいけど、楽しかったみたいだよ。」

テレビの話や、会社での話も仕事の愚痴よりはこういった、同僚に聞いたプライベートの事などを話題にするといいですね。

最初は思ったような返事が返ってこなくて「ほら、やっぱりな…。」と思うこともあるかもしれません。でも、そこは粘り強く頑張ってみましょう。夫婦仲が悪くなった期間だけ時間がかかると思ってください。

夫婦間の会話はコミュニケーションするという行為に意味があります。中身はそれほど重要ではありません。そう考えると楽になりませんか?

そして、会話をするようになると、改めて相手のいいところも見えてくるかもしれません。「へ~、こんなことを考えていたんだ。」という一面が出てくることもまれでありません。お互いの考え方や価値観を共有するためにも、コミュニケーションは欠かせません。

スポンサーリンク

夫婦仲を改善する秘訣② 感謝の気持ちを口にする

「ありがとう」という言葉は、良好な関係性に欠かせません。

「恥ずかしくて言えない」「照れくさい」という気持ちがあっても、必ず口に出してみましょう。

もうそんなこと長く口にだして言っていないし…。と億劫になる気持ちはわかります。でも、普段は絶対に口にしない感謝の気持ちを伝えることで、お互いに相手を尊重する気持ちが生まれるはずです。

それを続けていると不思議なことに徐々に相手も「ありがとう」を返してくれるようになり、とてもいい連鎖が生まれていきます。そして、付き合った当初・結婚したばかりの頃のように、「相手に何かしてあげたい」という気持ちが素直に芽生えてくるでしょう。

感謝の気持ちを伝えあう関係ができると、お互いの愛情を改めて感じるようになります。

夫婦仲を改善する秘訣③ 相手の気持ちを尊重しよう

話し合いをしているのに「でも」「だけど」ばかりでは、うまくいくものもいきません。

話しはじめる時、否定からはじめるのをやめましょう。

相手に悪いところがあったとしても、頭ごなしにガミガミ怒ってもよくないでしょう。また、自分の気持ちをわかってほしい・共感してほしいという相手に、正論をぶつけてもうまくいかないことがあります。

まずは、相手の立場をしっかり理解してあげること。そして、相手の意見をはなから否定せず、認めながら自分の意見を話すこと。夫婦は敵同士ではありません。家族なのですから、尊重する気持ちを忘れないようにしたいものです。

もちろん「相手のことを許せない」「一緒にいたくない」という瞬間も出てくるかもしれません。ですが、せっかく結婚した相手なのですから、二人でこの障害を乗り越えましょう。その後には、より強い絆が生まれるはずです。

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.