不倫が相手の奥さんにばれた時の対処法

不倫が相手の奥さんにばれた時の対処法

投稿日:

不倫をしている以上、不倫相手の奥さんにばれるリスクがあるのは理解していた。

でも...
まさか、本当にばれる日がくるなんて....!

不倫が相手の奥さんにばれると、かなり焦ってしまいますよね。

リスクがあるのはわかっていても、いざ自分の身にふりかかると、動揺してしまうのも無理はありません。

今回は、不倫が相手の奥さんに、ばれてしまった時の対処法についてお話していきます。

スポンサーリンク

不倫がバレたと知るきっかけ2パターン

不倫相手の男性からバレたと連絡があった。

不倫相手の男性

不倫がばれたと知るきっかけとして最も多いのが、不倫相手の男性からの連絡でしょう。

この場合、実際にばれているかどうか、どの程度奥さんに知られているのかどうかについてはケースバイケースです。

例えば「奥さんに不倫のことが勘づかれているかも…」といった疑惑程度でも連絡をくれる男性がいれば、すっかりばれてしまって取り返しがつかなくなってしまってから連絡してくる男性もいます。

どちらにしても、危険度が高いことに間違いはありません。

まだはっきりとはバレていない疑惑段階の場合は、男性に詳しく状況を確認しておいて、わが身の処し方を考える時間も持つことができるかもしれません。

しかし、完全にばれてしまっている場合は、男性への連絡自体が奥さんに見られている可能性もありますから、返信等にも十分に注意しなければなりません。


不倫相手の奥さんから連絡があった。

不倫相手の奥さん

不倫相手の奥さんから連絡があった場合、完全に不倫はばれてしまっています。

もちろんどこまでバレているか、証拠を掴まれているかといった違いはあるでしょう。

ですが、少なくとも「奥さんはあなたという存在を認識しており、電話番号もしくは連絡手段を確保しており、かつ不倫していた事実を知っている」ことになります。

連絡してきた動機はまちまちでしょう。

「ただ夫と別れてほしい」
「慰謝料をむしりとってやろう」

このように、考えも奥さんによって分かれてきます。

非常事態になると慌ててしまって、冷静な対応は難しいかと思いますが、できたら奥さんをなるべく刺激することなく、落ち着いて話を聞くようにしましょう。

大切なのはあくまで「奥さんの話を聞くこと」です。

すでに取り返しがつかない状態になっている今、奥さんに対して感情的に自分の言いたいことをぶつけたり、電話を切ってしまったりすることは得策ではありません。

奥さんの話を聞き、相手の要望をしっかり把握すること。それが第一にやらなければならないことです。

スポンサーリンク

あなたは不倫相手の男性とどうなりたいのか?

不倫相手とどうなりたいか悩む女性

バレてめんどくさい、慰謝料などは避けて別れたい。

不倫がバレてしまったとき、面倒くさくて別れたいと思うならここからはやるべきことをやり、言うべきことを言っていかねばなりません。

まず「不倫をやめて別れる」ということを相手の男性、もしくは奥さんからの連絡の場合は奥さんにもはっきりと伝えます。

戻る可能性などない、きっぱり別れて縁を切るという姿勢を見せることが大切です。伝えるだけでなく態度でもはっきりと示しましょう。

例えば、相手の連絡先はすべて消す、ブロックする。手間はかかりますが、自身の電話番号やIDなどを変えてしまうのも手です。

ただ慰謝料に関しては、どんなに面倒くさくても、別れると決めていても、奥さんから請求される可能性はゼロではありません。これに関しては奥さんに任せるしかないでしょう。

慰謝料請求される場合、しっかりと不倫の証拠を握られている可能性も高いので、逃げるのは難しくなります。

できれば最初から奥さんを刺激することは避け、奥さんの立場を尊重した振る舞いを心がけることです。

もしかしたらあなたが奥さんに個人的に思うところはあるかもしれませんし、場合によっては向こうからひどい言葉を投げかけられることもあるかもしれません。

しかし、面倒くさいから慰謝料なしで別れたいと思うなら、そこはぐっと我慢して対応するべきです。

それでも慰謝料を請求された場合は、素直に払うかもしくは減額を申し出る、弁護士を雇って全面的に争うしかないでしょう。

不倫のみならず、どんな行動にも代償はついて回るものです。

自分が決めて手を染めた不倫は、どんなに面倒くさくても大変でも、自分の手で幕を引くしかありません。

どうしようもなくなったら、覚悟を決めて応戦しましょう。


これで離婚してもらって一緒になるチャンス

本当に大切な相手なら、離婚してもらって一緒になるチャンスと思うかもしれません。実際、彼と結婚したいと望むなら不倫がばれたときは一番の好機でしょう。

しかし、一緒になりたいからといって先走ってしまったり、奥さんにいらぬことまで喋ってしまったりするのはNGです。

こんなときだからこそ、慎重に行動しなくてはなりません。

まず、結婚は一人のことではありませんから相手の男性の意思を確認すべきです。

悲しいかな、妻と別れて君と一緒になりたいといっていた男性が、いざ不倫がばれると「やっぱり家族が大切だ」と家庭に帰ってしまうのはよくあることです。

男性の気持ちを確認し、一緒に結婚を目指せると思うなら行動を開始します。

まず、奥さんの要求をしっかりと聞くことです。女性は話を聞いてくれるという行動を非常に重視します。

例えば、あなたにも話を人に聞いてもらっただけで少し気持ちが軽くなったという経験があるのではないでしょうか。

奥さんの話を遮る、話を最後まで聞かないといった行動を取ると、奥さんの気持ちが頑なになり、うまくいくものもうまくいかなくなってしまうことがあります。

あとは、奥さんの要求はなるべく飲むようにしましょう。慰謝料等を求められた場合も、受け入れます。

減額程度は後に申し出てもよいかもしれませんが、法外な額でない限りは支払う意思を見せるべきです。

なぜ奥さんの気持ちを尊重するのかというと、不倫をした側である男性は有責配偶者であり、有責配偶者からの申し出で離婚するのは非常に難しいからです。

簡単に言うと、奥さんが離婚したいと思わなければ、あなたと恋人との結婚は絶望的なのです。

なので、奥さんを尊重し、離婚してもらえるように取り計らう必要があります。

大変かもしれませんが、そもそも結婚するということは、思った以上に大変なものです。

困難を超えてでも一緒にいたいと思えるなら、ここで頑張りましょう。

スポンサーリンク

不倫がバレた後の対処法

不倫がバレた後の対処法

シラを切る

奥さんに不倫がばれてしまった時の対処法としては大きく分けて二つあります。『シラを切る』か『正直に話す』か、です。

どちらにもメリットがあり、デメリットがあります。

まず『シラを切る』メリットから見ていきましょう。

シラを切ることによるメリットは、相手が不倫の証拠を掴んでいないときは、多少不倫の責任から逃れられる可能性があります。

例えば、シラを切り通して不倫を認めないことで、慰謝料等の請求から逃れることができるといった感じです。

デメリットはというと、逆に奥さんに証拠を掴まれていたときに、火に油を注いでしまう結果になりかねないことです。

正直に話せば許そうと思っていた相手を、無用に怒らせてしまう可能性があります。

また堂々と嘘をつくわけですから、それを知った周囲の人の信頼を失ってしまうこともあるかもしれません。

シラを切るときは、できれば確実に証拠を掴まれていない状態であることが望ましいですね。


正直に話す

正直に話すというと、勇気がいりますし、なにより今後の慰謝料等を考えると悪手に思えるかもしれません。

しかし、正直に話すことにもメリットはあります。まず、奥さんに正直に話して謝罪することで、本当に反省しているという誠意を示すことができます。

奥さんだって人間ですから、やはり情がわけば、判断に迷いが出ることもあります。

例えばあなたが正直に話したことで、奥さんの気持ちが軟化して、慰謝料請求などをやめてくれる可能性もあります。

ただし、デメリットはもちろん存在します。例えば正直に話した内容を、不倫の証拠として扱われる可能性もあります。

話したことで恋人ともども追い込まれる可能性も決して低くはありません。

まとめ

どのような選択をしても、あなたが不倫したという事実はなくなりませんし、奥さんやご家族を傷つけたという事実は残ります。

それでも自分で責任をもって選択することが大切です。

逃げずに事実と向き合うことで、今回の恋愛も、すべての経験も無駄にはならず、あなたの糧になっていくからです。

あなた自身が後悔しない、納得いく選択ができるように、目の前の出来事に真摯に対応していきましょう。

友達にバレずに出会いが見つかるアプリ♪
マッチングアプリは知り合いに秘密で使えるのが一番のメリット!
涼しくなって人肌恋しくなる季節、ひとりだと寂しくなりますよ
新しい出会いでキュンとするような恋をGETしてください★☆ 今人気が高いマッチングアプリを3つ紹介しますね。

おすすめ

pairs

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.