遠距離恋愛から結婚するためのタイミングやコツ

遠距離恋愛

更新日:

遠距離恋愛では、近い距離のカップルとは違って頻繁に会う事が難しいため、すれ違いが起きやすいと言われています。

しかし、遠距離恋愛の末に、見事に結婚へのゴールインを果たす幸せなカップルも大勢います。

遠距離恋愛から晴れて結婚を迎えたカップルとなるためには、一体どんなタイミングやコツが必要なのでしょうか?成功するためのポイントをご紹介します。

  • 遠距離恋愛から結婚するベストなタイミングとは?
  • 遠距離恋愛から結婚をするためのコツ
スポンサーリンク

遠距離恋愛から結婚するベストなタイミングとは?

遠距離恋愛になるなら始まる前

これから遠距離恋愛をスタートさせるというカップルは、これまで近くに恋人がいた分、物理的な距離が心の距離へと繋がりやすいため、離れてしまう前に結婚を決めてしまうのがおすすめです。

転勤や異動は人生の転機とも言えますので、結婚へのきっかけとする方も多く、離れてしまうよりも、新天地で大変な時期だからこそ、結婚して寄り添う事は2人の絆を深めます。


彼の仕事が落ち着く頃

遠距離恋愛で揉めてしまう原因の多くは、彼が仕事で忙しい時期に彼女が不安になり、ケンカへと発展してしまう事です。結婚をする上で、お互いの「信頼関係」を築くことは大切です。

一生懸命頑張っている彼に「結婚はいつ?本当に結婚する気あるの?」など、追いつめるような事をしてはいけません。彼の仕事が落ち着いた頃に、一緒に時間を過ごす中で将来への話をしてみましょう。


仕事を退職しやすい時期

遠距離恋愛で結婚をするためには、彼が住んでいるところに引っ越すことになります。

そのためには、仕事をやめなければいけませんので、結婚のタイミングとして退職しやすい時期を選ぶようにしましょう。

また、結婚後に必要なお金も重要になるので、しっかりと貯蓄をしてから仕事を退職するようにしてください。

スポンサーリンク

遠距離恋愛から結婚をするためのコツ

ゴールの目標を決める

遠距離恋愛で破局を迎えてしまうカップルは、「いつまでこの状態が続くのか?」という見えない不安に襲われるためです。

遠距離恋愛を続けていくには、時間もお金も労力も必要ですから、いつの間にか疲れ切ってしまうカップルが多いのです。

その疲労や不安がケンカとなり、結婚に進む前に別れへと繋がってしまうため、「いつまで続けるのか?」というゴールの目標を作ると、寂しさが募っても頑張ることができます。


コミュニケーションを大切にする

遠距離恋愛中は、どうしてもコミュニケーション不足になりがちです。

顔を見ていないと、文面だけでは誤解を生んでしまう事があるため、スカイプやLINEのテレビ電話を活用して、顔を直接見ながら話す機会を設けましょう。

男性は視覚で恋をすると言われていますので、電話やメールだけよりも顔が見れるテレビ電話の方が、彼女の存在を身近に感じることができます。

もちろんコミュニケーションは2人のバランスが1番重要なので、相手の負担にならない事や寂しい想いをしない程度のベストな感覚を見つけるようにしましょう。


結婚の準備は一緒に住みはじめてから

お互いに結婚の意思が固まったとしても、結婚の準備を始めるなら一緒に住みはじめてからの方がおすすめです。

結婚の準備は、何かと細かい打ち合わせが必要になるため、男性側の意見と女性側の意見を尊重しながら決めていかなければならず、距離が離れていると揉め事に発展しやすいのです。

ご両親への挨拶、結婚の日取りなどは決めても構いませんが、結婚式の準備は一緒に住み始めてからでも遅くはありません。

彼に負担をかけず自分が準備を頑張る!という女性なら問題ないですが、結婚式への憧れを抱くのは、男性よりも女性の方が強いため、すべてを彼女に任せてしまう男性も珍しくありません。

ドレスは?会場の装飾は?ケーキは?音楽は?など、彼と一緒に決めようと思っていても上の空である彼の態度に不満を抱いたり、彼の心の負担が大きくなる事でケンカになりやすいので注意しましょう。

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.