『モラハラ妻』と離婚する方法!これまでのストレスといざ決別!

モラハラ妻との離婚に喜ぶ男性

更新日:

モラハラの証拠集めは長期戦で

モラハラの被害者にとって辛いのは、基本的には毎日の小さな嫌がらせが主であり、誰が見ても妻が悪いと言ってくれるような決定的な出来事がほとんどないので、証拠集めしづらいという点が挙げられます。また周囲の理解が得られづらいという特徴もあります。

ちょっとした文句も四六時中毎日言われたら嫌になりますが、他人に説明しても「夫婦というのはそんなものだ」「男は妻の文句も受け止めなければならない」などと言われて理解してもらえないこともあります。またモラハラ妻の外面の良さに、自分の家族や友人まで騙されてしまうというケースもあるでしょう。

モラハラ妻と離婚したいなら、証拠集めは長期戦を覚悟しましょう。毎日妻から言われる暴言をきっちりとメモしておく、ICレコーダーで妻の言動をしっかりと録音しておくなどの地道な方法は効果があります。暴言の内容だけでなく、出来たら何時から何時まで責められ続けたのか、どんな状況で責められ続けたのかについても記しておくとより証拠として強くなります。

例えばただ暴言を吐かれていたのだという事実よりも、床に正座させられてトイレに行くことも許されずに五時間責めつづけられたという事実の方が、第三者的にはインパクトがありますよね。万が一、妻からのDV行為があったときはすぐに病院に行って診断書をもらっておきましょう。

あとは逆に動きを察知されて、妻からDVなどで訴えられないように注意しなければなりません。できたら早めに弁護士をつけ、弁護士の先生などと相談しながら話を進めていく方が確実です。

モラルハラスメントの女性との離婚は、非常に困難を極めます。絶対に揉めると考えて間違いありませんから、先手先手をとって動くように心がけましょう。

スポンサーリンク

モラハラ妻の挑発に乗らない

モラルハラスメントの人々は、自分の思い通りにするためならなんでもします。プライドが高いはずのモラハラ夫の得意技は土下座だと揶揄されることもあるくらいです。

彼らは自分のためになると判断すれば、躊躇せずに行動して他人の心や情を利用します。そして戻ってきた善良な配偶者を再び自分のサンドバックにするのです。

男性の場合、特に気を付けなくてはならないのは暴力をふるうように挑発されることです。モラハラの女性は自分が殴られることよりも、殴って立場を悪くした夫をさらに嬲ることの方を優先します。なぜなら、その方が女性にとってお得だからです。

一度暴力を振るってしまうとDVを訴えられて、夫からの離婚請求が起こせなる可能性もあります。最近は夫が何もしなくても机にぶつけた傷などでDVをでっちあげる女性もいる位ですから、気をつけすぎるということはありません。
有責配偶者にされてしまえば、夫から離婚するのは本当に難しくなります。

挑発には絶対に乗らない、暴力は振るわない、妻が嫌だからと言って浮気をしない。この三点を守らなくてはモラハラ妻との離婚はどんどん遠ざかっていきます。

スポンサーリンク

男性でもモラハラを我慢しすぎないこと

男性の被害者は、女性被害者よりもモラハラ被害を我慢してしまいがちです。それは世間一般の人々による、女性に男性がいじめられるなんてことはないという思い込みも大きくかかわっているでしょう。

しかし実際学校などで女子生徒に男子生徒がいじめられ、なすすべもなく傷ついてきた場面を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

目に見える傷がつかないからと言って、痛みがないとは言えません。むしろ目に見えないからこそ、モラルハラスメントは罪深いのです。女性だから男性だから、そんな観点をまずは被害者である夫自身が捨てましょう。性別に関係なく相手の気持ちを尊重して大切にすることは人として当然のことです。

その当然のことができないモラハラ妻に対して、あなたが我慢し続ける必要もありません。我慢はしなくてもし過ぎても、幸せを逃してしまいます。一度自分と家族の本当の幸せについて、じっくり考える時間をとってみることも大切です。

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.