一夜限りの関係を後悔する女性たち、その後の関係は。。。

恋愛脳の女性はシチュエーションで不倫する

更新日:

一夜限りの関係を男性と持ってしまった。気まずいし、とにかく後悔している。でも、時間は巻き戻せるわけじゃない。

どうしたらこの気まずさから抜け出すことができるのか?

顔見知りの知人や、長年の友人とワンナイトラブの関係に陥ってしまうと、後悔がつきまとうものでしょう。

飲み友達となんとなく一夜限りでHしてしました。

その後も仲良く飲み友達として付き合いたいと思うのですが、なんか気まずくなりそうで...

今後どのようにしたらいいのでしょうか?

出典: 飲み友達となんとなく一夜限りでHしてしました - Yahoo!知恵袋

英語を教えてもらっている人と一夜限りの関係を持ってしまいました。

彼は私と同じ歳です。いつも彼から連絡が来て会っていたのですが、関係を持った後2日メールが無い状態です

出典: 一夜限りの関係のその後 - Yahoo!知恵袋

このように一夜限りの関係に後悔した女性はたくさんいます。

「お酒を飲んだ勢いでラブホテル。」「ちょっと家に遊びにいったら雰囲気に流されて。。」このような状況がきっかけになることが多いのではないでしょうか。

では一夜限りの関係のその後を考えていきましょう。

  • なかったことにしたいなら「距離をとる」or「話し合う」
  • 好きな人とワンナイトラブ。一夜限りの関係で終わりたくない!
  • 彼の気持ちを知りたいなら、昼間のデートに誘ってみる
スポンサーリンク

なかったことにしたいなら「距離をとる」or「話し合う」

一夜限りの関係を持ってしまったけれど、後悔している。

「できればなかったことにしたい!」と言うのならば、その相手と距離をとるしかありません。同じ職場だったとしても、できるだけ顔を合わせないようにしましょう。

仲が良かったから、今まで通りの友人関係に戻りたい!と思っているのならば、まずは相手と話し合ってみてはどうでしょうか。

「あの時のことはなかったことにして、これからもよろしくね」と意見が一致すれば、今後の関係に支障をきたすことはないかもしれません。

ただし、どんなに2人で元通りになろうとしても、なれないこともあります。その時には残念ながら関係が壊れたことを認めるしかないでしょう。

好きな人とワンナイトラブ。一夜限りの関係で終わりたくない!

好きな人と一夜限りの関係になった!

でも、本当に好きなのに体から入ってしまって、軽い女だと思われないだろうか?と後悔しているパターンもあるでしょう。

ここは、彼の心情をよくよく理解する必要があります。

本来ならば、好きな相手とはお互いの気持ちを確かめ合うまで、体の関係を持たないほうがいいとされています。でも、してしまったことはしかたないですから、今から彼に対して気持ちを伝えるしかありません。

まず大事なのは、彼が体目的なのか、あなたのことを好きなのかを判断すること。

あなたが彼を好きだからと言って、彼もあなたのことを愛していると思い込もうとするのはいけません。できるだけ冷静に判断しましょう。

浮気性の男性に限って、一夜限りの関係を持った後に冷たくなります。

あなたのことを「アイツは俺のことを好きだから、何をしても文句は言われない」「いつでも抱ける女」だと思い込んでしまうからです。

ですから、過剰な愛情のおしつけは避けること。できるだけ均等な関係を保ちましょう。

スポンサーリンク

彼の気持ちを知りたいなら、昼間のデートに誘ってみる

ワンナイトラブをしただけでもう彼女になったつもりの人がいますが、それは時期尚早です。

彼よりあなたのほうが気持ちが強い場合には「図々しい」なんて思われちゃうかもしれません。

まずは重たい女にならないようにするのが肝心です。

「もう私たち、付き合ってるんだよね?」などと詰め寄ったりせずに、まずは彼を昼間のデートに誘ってみましょう。

あなたが誘っても、お昼のデートはのらりくらりと避けられる。

でも「夜なら会ってもいい」と深夜の待ち合わせを指定されたり、「家においでよ」なんてあからさまに言われたりする場合には、脈ナシです。

「既に一回したんだから、もう一度関係を持つのも同じこと」なんて思わずに、二度目の関係こそじらしましょう。

彼から「付き合う」という言葉は引き出せるまでは、関係を持つべきではありません!

一夜限りの関係ではじまったとしても、恋人関係になることはできます。

しかし、それはよほどお互いに心も体も相性がいいと感じた場合に限るでしょう。彼への熱い気持ちで目が曇ることのないように、冷静に相手の気持ちを探りましょう!

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.