産後の生理再開はいつ頃?時期の目安

産後の生理

更新日:

出産後の生理はいつ頃から再開するのでしょうか?

周りのママたちが、早い段階で生理が再開し、自分だけがなかなか生理が来なければ、おのずと不安を抱いてしまうものですよね。特に、2人目を希望する方にとっては、早めに生理が再開して欲しいと思う事でしょう。

生理が来ない理由をアレコレと悩んでしまうと、ストレスが蓄積してしまいますので、楽しく育児に専念できるよう、自分で正しい判断と処置が出来るようにしておいてください。

不安な日々を送らないために、産後の生理についてまとめてみました。生理再開の時期や生理が来ない理由、そして生理と似ている悪露の症状について、基本的な知識を覚えておきましょう。

  • 産後の生理の再開時期
  • 産後に生理が再開しない理由
  • 産後すぐの出血は生理ではなく「悪露」

スポンサーリンク

産後の生理の再開時期

産後の生理の再開時期は、個人差があります。早い方は1カ月、遅い方は1年以上再開しない事があるほど大きな個人差があるのです。

約8割の方は産後8カ月以内に再開すると言われています。

しかし、母乳を飲ませている方といない方でも再開の時期に差があるため、一概にどれくらいと言い切ることができません。

母乳による授乳期間中は「プロラクチン」というホルモンが分泌され、排卵が起きにくくなります。そのため、母乳の方は生理再開までに時間がかかるのが一般的です。

ただし、授乳中であっても排卵、生理、妊娠をする可能性はありますので、授乳期間中に生理が来る方もいますので、授乳中の生理に心配する必要はありません。

昔と比べると栄養状態の良さから、生理の再開時期は早くなっている言われていますが、基本的には妊娠前のように、母体が回復するまでには時間がかかります。卵巣機能もすぐに戻るわけではありません。

たとえ、生理が再開しても無排卵のケースも多いので、生理再開までに時間が経過している方は、焦らずに体の回復を待ちましょう。

産後に生理が再開しない理由

産後に生理が再開しない理由として、最も多い原因は「ストレス」です。産後は、体を休めて子宮の回復を待つのが良いのですが、慌ただしく育児の生活がスタートする方がほとんどです。

育児と並行しながら家事を務めなければならず、睡眠不足や肉体的な疲労によってストレスが溜まりやすくなります。そのため、できるだけ旦那さんであるパパに、育児や家事を手伝ってもらうことが、ママにとっては一番となります。

妊娠前、妊娠中など、日頃からきちんとパパにも産後の状態について話合いをし、協力的になってもらえるようコミュニケーションを心がけておきましょう。

また、産後初めての排卵の時期に夫婦の営みがあれば、生理の再開がないまま再び妊娠することもあります。妊娠が原因により生理が来ない場合もあるのです。

そして、もしも産後2年を過ぎても生理が再開されない場合には、何らかの問題が起きていることもあるので、病院を受診してください。

スポンサーリンク

産後すぐの出血は生理ではなく「悪露」

産後すぐの出血は、生理ではなく「悪露」と呼ばれる分泌物になります。悪露は、出産によって剥がれ落ちた子宮粘膜の分泌液、血液、胎盤組織の変性分解物で、赤褐色からチョコレート色をしています。

産後直後ほど量が多く、約1カ月ほど続き徐々に少なくなっていきます。

悪露が出ている間は、専用のショーツを利用しますので、出産前に準備しておくようにしましょう。(生理用のサニタリーショーツを利用する方もいます)

1カ月以上経っても悪露が続くような場合は、子宮の回復が遅れているので医師に相談をしましょう。悪露が停滞すると細菌感染を招き、子宮内膜炎の原因となることがあります。

産後の生理の再開が早い方は、1カ月前後となりますので、悪露との区別がつかずに不安になる方もいますが、産後すぐの悪露は鮮血のような色をしていますが、終わる頃には黄色いおりものような状態となります。

そのため、鮮血が続くようなら生理である可能性がありますが、不正出血との違いは見分けが付きにくいので、不安な方は病院で受診しましょう。

安心安全な人気が高いマッチングアプリ♪
マッチングアプリは知り合いに秘密で使えるのが一番のメリット!
寒くなってきて人肌恋しくなる季節、ひとりだと寂しい…(; ;)
今一番出会える、マッチングアプリを3つ紹介します♪

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.