『妊娠初期のおりもの』の特徴、妊娠の兆候を見極める

妊娠中のおりもの

更新日:

妊娠すると、さまざまな兆候が現れると言われています。そのひとつに「おりもの」があります。

さて、本題にうつる前に「おりもの」についておさらいしておきましょう。

女性の子宮や膣などの分泌物を総称しておりものと呼びますが、おりものは病気ではなく女性ならば誰でも分泌しているものです。

その役割とは何なのでしょうか。

まず、おりものは「自浄作用」があります。細菌が侵入しないように膣をきれいに保っているのです。それだけではなく、排卵期には受精の手助けをしてくれます。

おりものはこんな重要な役割を果たしているのです。

そんなおりものですが、排卵や月経のリズムに合わせて量や色などが変わります。もちろん、妊娠した時にもおりものには変化が現れるのです。

もしかしたら、おりものから妊娠の兆候を見つけることもできるかもしれません。では、妊娠の兆候の出ているおりものとは、どんなものなのでしょうか。

  • 妊娠していない女性のおりものはどう変化する?
  • 妊娠している女性のおりものの特徴は?
  • 妊娠すると、他にはこんな兆候が現れる!
  • 普段と違うおりもの、もしかしたら妊娠じゃなくて感染症かも?

スポンサーリンク

妊娠していない女性のおりものはどう変化する?

まず、通常の状態のおりものについて紹介しましょう。

月経が終わった後は、おりものは量も少なく、さらさらしています。経血が混ざってしまい、茶色っぽくなっていることもあります。

そこから排卵期までは、色は透明になります。量は多くなりますが、水っぽくてさらさらした印象になるでしょう。匂いも弱くなります。

排卵期が終わると、おりものの量は減ります。その代わり色は透明から白っぽくなり、ネバネバした感じになります。

月経の前になると、また量が増えて、やや匂うようになります。色は相変わらず白っぽく、ネバネバしているのが特徴です。

妊娠している女性のおりものの特徴は?

さらに、妊娠すると、おりものに変化が現れるのです。「いつもよりさらさらしているおりものが、たくさん出てきた」という妊婦さんも多いようです。

これは「プロゲステロン」「エストロゲン」という女性ホルモンが妊娠すると大量に分泌され、その影響で子宮頸管の分泌物が増えるためです。

おりものの量が急に増えますが、匂いはほとんどしません。色はクリーム色、もしくは乳白色のような感じです。

ただし、「いつもより茶色っぽく感じられた」「黄色だった」という人もいますので、ポイントはあくまで“いつもと違う”ところだと思ったほうがいいかもしれません。

おりものに血が混ざるのも、妊娠初期のおりものの特徴です。

これはホルモンの影響で心配はいりませんが、妊娠中の肌は敏感になります。

通気性のいい下着をつけたり、おりもの用のナプキンを使うなど工夫して、肌のムレからおきる、かぶれ等の肌トラブルには注意しましょう。

スポンサーリンク

妊娠すると、他にはこんな兆候が現れる!

妊娠すると、おりものだけでなく他にもいろいろな兆候が現れます。

  • 熱っぽくてダルイ
  • 眠い
  • 月経ではないのに出血がある
  • お腹が痛い

このような症状は、妊娠の兆候としてよく知られていますね。

普段と違うおりもの、もしかしたら妊娠じゃなくて感染症かも?

いつもと違うおりものが出る、量が急に増える。

こういった症状は妊娠の初期症状とも考えられますが、もしかしたら病気にかかっている可能性も考えられます。

おりものがいつもと違うようだけど、妊娠していなかった。

このような時、灰色がかったおりものや緑色のおりものだったり、おりものから魚が腐ったような匂いがしたり、「泡っぽい」「ぼろぼろとこぼれるような、変な形状をしている」場合には、感染症にかかっているのかもしれません。

こういう時には、一刻も早く産婦人科に足を運ぶことをおすすめします。

おりものの変化は、妊娠初期の症状のひとつとされています。

しかし、なかにはほとんど変化が現れなかったという方もいるそうですので、妊娠を望んでいる人は他の兆候も見逃さないようにしましょう。

自分の体調を知る上での目安にもなりますから、日々チェックしておくと妊娠だけではなく、体の不調にも気付きやすいかもしれません。

安心安全な人気が高いマッチングアプリ♪
マッチングアプリは知り合いに秘密で使えるのが一番のメリット!
寒くなってきて人肌恋しくなる季節、ひとりだと寂しい…(; ;)
今一番出会える、マッチングアプリを3つ紹介します♪

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.