『夫婦喧嘩の原因が子供!』それは子供にとても悪影響

夫婦喧嘩中の子供の心境

更新日:

子供のためは誰のため?

夫婦にとって大切な宝物となるのが『子供』です。子どものためを思えば、時に夫婦でぶつかり合うこともあるでしょう。しかし『子供のため』の喧嘩だからといって、子供の前でお互いに罵り合うところなどをみせてしまうのはもちろんNGです。

子供というのは本当によく親を見ているものです。親の背を見て子は育つといいますが、親が思っている以上に子供はいろいろなことを考えているのです。親の喧嘩は子供が嫌がるだけでなく、子供の心を傷つける原因のひとつです。

子供のためを思ってぶつかり合うのは良いのですが、それが冷静な話し合いでなく夫婦喧嘩になってしまうのなら子供にはそうした姿をなるべく見せないようにする気遣いが必要でしょう。

特に子どものことを巡っての喧嘩は、子供からしたら「自分のせいで両親が争っている」という認識になりやすく、両親のケンカの原因は自分なのだと思い、自分を責めてしまう子供も数多くいます。

子どものためと言いながら、子供を傷つけているならそれはもう本末転倒です。夫婦喧嘩はなるべく子供に見せないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

子供が怖がる夫婦喧嘩

夫婦喧嘩は子供の心を傷つけると書きましたが、具体的に夫婦喧嘩のどんな部分が子供を怯えさせるのでしょうか。

まず『声の大きさ』や『喋り方』に恐怖を覚える子供が多いようです。喧嘩となるとついついヒートアップして、いつもよりも大きな声で怒鳴り合ったり、早口で一気にまくしたてたりしてしまいます。

また『罵声』なども、子供を怯えさせる一因です。子どもの前で汚い言葉で罵り合うことは、当たり前ですが教育的にも良くありません。子供にはわからないだろうと思うかもしれませんが、子供はしっかりと聞いていますし見ています。

いつか夫婦で投げつけあった言葉を、子供が親に投げつける日がくるかもしれません。

またヒステリーを起こして暴れる様子なども、記憶に残りやすいようです。相手のいうことを聞かず、モノを投げたり大声を出したりして相手を黙らせようとする様子はまだまだ幼い子供にとっては非常に恐ろしいものです。

あとは家庭内で無視が行われるのも、子供は非常に嫌がります。自分に向けての無視ではなかったとしても、無視されている人を見ること自体が辛いことだからです。

それが自分の父親や母親だったとしたら子供の痛みはなおさらです。こうした親の様子は子供に恐怖心やトラウマを抱かせます。

スポンサーリンク

子供のための喧嘩を、子供は自分のせいだと思う

子供は、自分のことで両親が争っていると基本的には『自分のせいで両親が喧嘩している』と思います。大好きな両親の喧嘩が自分のせいで起こったということは、子供の心に深い傷を与えます。

どんな子でも自分の両親には仲よくしてもらいたいと願っています。子供にとったら自分のせいで二人の仲が壊れてしまうことほど辛いこともないのです。

この子の為だからとその場でヒートアップして喧嘩に発展させるのではなく、何かあったとしても子供の前では言い争いや夫婦喧嘩はしない方が賢明です。確かに子育ては難しく、夫と妻で意見が食い違うこともあるでしょう。

それをぶつけ合い、家族にとって一番良い答えを探し出すのも両親の役目でしょう。しかし、それを『夫婦喧嘩』にしてしまって子供を傷つけてしまっては元も子もありません。

親は子供にいつでも見られているのだということを肝に銘じておかなければなりません。子どものことになると冷静ではいられないのかもしれませんが、だからと言ってヒートアップして夫婦で言い争いをしたところで事態は一向に良くはなりません。

喧嘩ではなく話し合いができるよう、子供ができた親としてその点は努力していかなければならないのではないでしょうか。どうしても喧嘩になってしまうと思った時は、子供がいない時間や場所を狙う、無駄に大声を出したり感情的になったりしないなど最低限の気遣いをするようにしましょう。

安心安全な人気が高いマッチングアプリ♪
マッチングアプリは知り合いに秘密で使えるのが一番のメリット!
寒くなってきて人肌恋しくなる季節、ひとりだと寂しい…(; ;)
今一番出会える、マッチングアプリを3つ紹介します♪

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.