別居中の生活費を請求したい時にするべきこと

別居中の生活費の請求

更新日:

別居中の生活費を請求したい

別居していても、妻も夫もそれぞれの生活は続いていきます。そのときにどうしても必要になってくるのが『お金』です。

元々、夫にも妻にも家庭を支えられるだけの収入があった場合は良いのですが、結婚を機に専業主婦になっていた女性などは急な別居の場合、仕事などを見つける間もなく別家計になってしまい困惑するケースも多々あります。

ご存知の方も多いと思いますが別居中の生活費は『婚姻費用』と呼ばれ、大抵の家庭では妻から夫へと請求することが可能です。

もちろん妻の方が働き、夫が専業主夫をしていたときはその逆も然りです。この『婚姻費用』は特殊なケースを除いて必ず払ってもらえます。

現在生活が苦しいのに、相手が生活費を出してくれないという方や出してくれてはいるけれども明らかに額が少ない方などは、一度きっちりと婚姻費用を相手に請求するようにしましょう。

夫に悪いな…と思う方もいるでしょうが、なにも負い目に感じることはありません。婚姻費用というのは夫が妻に払って当然とされているお金なのですから、自信を持って堂々と請求するようにしましょう。

スポンサーリンク

どうやって請求すればいいの?

しかし、どうやって夫に生活費を請求すればいいのかわからない方もいらっしゃると思います。現在、生活費を夫からもらっていないと言う方は、まず夫に電話やメールなどで「生活費を払ってください」と申し入れましょう。

もしかしたら夫側が払うものだということを忘れていたり、知らなかったりする可能性があります。相手が連絡を受けて素直に払ってくれるなら、それに越したことはないからです。

ちなみに婚姻費用というものは月額いくらと決めるものです。相手の収入、自分の収入の他、子供の数なども金額決定に関わってきます。こちらの記事を参考にしてみて下さい。

別居に対する生活費の相場はどれくらい?

相手が素直に払ってくれないときは『婚姻費用分担請求』を考えていくことになります。

スポンサーリンク

相手が出し渋ったときは、婚姻費用分担請求を

相手がどうしても婚姻費用を出そうとしないときは、早めに裁判を起こしましょう。なぜなら別居したら当然もらえる婚姻費用ですが、裁判所は『婚姻費用の分担請求が行われた時点から必要とみなす』からです。

つまりは早く訴えれば訴えるほど、単純に相手からもらえる額が増えるということになります。

ちなみに裁判を起こすというポーズをとると相手が払い込んでくることもあるので、起こす前に一度夫側に「婚姻費用分担請求を起こすつもりだ」ということを伝えておきましょう。相手がここまでしても払わないときは、実際に訴えを起こしていくことになります。

まず用意するのは『申立書及びその写し1通』と『標準的な申立添付書類(夫婦の戸籍謄本【全部事項証明書】と申立人の収入関係の資料【源泉徴収、給料明細、確定申告等の写し】)です。申し立てに必要な費用は『収入印紙1200円分』と連絡用の郵便切手だけです。

弁護士をつけたりすると別途お金がかかりますが、弁護士なしで訴えるならこの金額で済みます。上記の準備物が用意できたら家庭裁判所へとこれらの書類や費用を提出して、訴えを起こします。

なんだか難しそうと思われるかもしれませんが、実際書かなければならないのは『申立書』のみですから、自力で訴えることももちろん可能です。申立書の書き方は裁判所のHPにて丁寧に記載されていますから、そちらを参考にしましょう。

・婚姻費用の分担請求調停の申立書について
・婚姻費用分担請求申立書の記入例

訴えが受理されれば、裁判所が二人の話を聞いたうえで最終的に合意できるように話し合いを進めてくれます。生活が困窮していて結論が出るまで待っていられないときは、「調停前の仮処分の申請」を行えば、夫側に生活費を仮払いするように調停員から命じてもらえます。

強制力はありませんが、ひとまずこうした動きを見せるだけでも相手にかなりのプレッシャーを与えることができますから、どんどん出来ることはやっていきましょう!

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.