好きな人と電話したい!緊張しないためのポイント4つ

好きな人と電話したい

更新日:

お付き合いに発展する前の段階に、好きな人と電話をする時って本当に緊張してしまいますよね!

何を話したらいいんだろ・・無言になりたくないな・・なんて考えているうちに、どんどんドツボにはまってしまうなんて人も結構多いみたい。

どんな風な会話を心がけたら、会話が止まらず楽しく電話が出来るのでしょうか?

今回は、緊張を和らげる!好きな人との電話でのポイント4つについてお話しします。

  1. 日ごろから会話のネタ集めをしておく
  2. 相手の会話をメモしておく
  3. 連想ゲームをしている感覚で電話をする
  4. 相づちの声は大きめに出してみよう
スポンサーリンク

1. 日ごろから会話のネタ集めをしておく

電話で緊張してしまうのは、相手と何を話したらよいか解らなくなってしまうからですよね!

いきなり電話がかかってきても「ネタ」がない!なんて事もあり、「元気?」「うん、元気だよ」くらいで会話終了なんてことも結構あるはず。

そうなると、その先の会話が続かなくて、どうしていいかシドロモドロになってしまう人も多いみたいです。

そんな時は、あらかじめ会話の「ネタ」集めをしておく事をお勧めします。

生活していて、面白い!楽しい!と感じた事をメモに取り、会話が続かなくなりそうになったら「そうそう!この前ね」とネタ帳から会話のネタを引っ張り出してくればOK!

また、好きな人とラインやメールで連絡をとっている場合は、その中に話題にできるネタが隠れていたりするので、見かえしておきましょう。

そうすれば会話の無いように困る事も無く、無駄な緊張も防ぐ事ができます。

2. 相手の会話をメモしておく

好きな人から電話がかかってきたら、メモを残しておくと次の会話に繋げやすくなります。

例えば、家族構成や、友達との関係性などを忘れないようにメモしておき、好きな人が再びその会話をした時に「あっこの前一緒に遊びにいった○○クン?」なんていう風に言葉を挟んであげましょう。

相手も、自分の話をしっかり覚えていてくれるあなたに好感を持ち、お話するのが楽しくなるのでテンションもぐんと上がります。

相手のテンションが上がれば、聞いていないことでもどんどんおしゃべりしてくれるようになるので、あなたが話しベタでも苦にならずに電話を続ける事ができるようになります。

またメモしておくことで、ラインやメールなどのネタにも繋がるので一石二鳥ですよ。

3. 連想ゲームをしている感覚で電話をする

男性は、基本的におしゃべりが苦手です。電話をしても、「雨ばかりだね」などと天気の話題で終わりなんて人もいるみたい。

そうなると、「あ・・そうだね。雨ばかりだね」なんて話も終了。つまらない電話になってしまいますよね。

こういう会話ばかりをしていると、次に何を話したら良いか解らなくなり、緊張してしまうはず。

こんな時は、電話を連想ゲームのように考えてみると上手くいくことがあります。

例えば、「雨ばかりだね」と言われたら、「雨といえば・・この前傘を買ったのよ」とか、「雨の日っていつも休日どんな事をして過ごすの?」と雨に関した話題を瞬間に出してみるのです。

相手は疑問形で聞かれたことは返しやすく、何度か繰り返しているうちに会話が弾むようになってきますよ♪

スポンサーリンク

4. 相づちの声は大きめに出してみよう

人間は、自分の意見に同調されたい生き物。

また、自分の考えや、意見に同調されると、その人を敵ではないとみなし自分のテリトリーに入れてくれるようになります。

つまり、心のガードがとれるんです。そのためには、「相づち」がとても重要なポイントになります。

特に電話では、体の動きがわからないので、声で相づちをアピールしなければならないんです。

相づちの声は少し大きめに「うんうん」「そうなんだ」「へ~すごいね」「なるほど」この4つを使いまわしていればある程度上手くいきます(笑)

話をちゃんと聞いていると相手に伝わると、相手も話しやすくなり会話も続いていくでしょう。

まとめ

今回は、緊張を和らげる!好きな人との電話でのポイント4つについてお話ししました。

電話で緊張してしまう人というのは、何を話していいか解らなくなる人といえます。

ですから、会話を続けるすべさえ準備しておけば、緊張をしないでも楽しく会話をする事ができるようになりますよ!

好きな人との電話を楽しく過ごせる事で、相手に好印象を与え、これからの恋愛ステップを上手に進めていってくださいね♪

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.