共働き夫婦の家計事情!お財布は別?一緒?

共働き夫婦の家計事情

更新日:

共働きだとお財布は別?一緒?

今の時代、共働き夫婦はとても増えてきています。夫婦の数だけルールがあるように、やっぱり家計事情も人それぞれです。

完全に夫婦の財布が別で、家計に必要な額だけ毎月お互いに出し合うという家庭もあれば、二人の収入を合算してそこからお小遣いを含め割り振っていくという家庭もあります。お財布を一緒にするか別にするかは家庭の事情にもよるでしょう。

ただし、財布を別にするか一緒にするかは置いておいて、お互いの収入はしっかりと把握しておくようにしましょう。不倫、ギャンブルによる借金、夫婦生活を崩壊させるような大きな出来事には必ずと言っていいほどお金が関わっています。

また会社倒産やリストラなどの緊急事態にも気が付くことができます。お金の動きを把握することで防げる問題は数多くあります。ひとまず収入額位は知っておかないと、いざというとき揉めると非常にやっかいなことになる確率が高くなります。

スポンサーリンク

家計のターニングポイントは子供が生まれた時

夫婦だけなら共働きの場合、財布が別でもあまり不便はないかもしれません。しかし、大抵の夫婦は子供が生まれた時が家計のターニングポイントになります。

女性は短い期間でも産休・育休を取らねばなりませんし、子供ができればどうしても給料の額なども変わってきます。その時に割りを食うのは大抵女性の方です。

妻の収入が減ってしまった時、夫がいつも通りに自分の好きにお金を使い全く家庭のお金の動きが掴めないと大抵は不安になることでしょう。

子どもができるとただでさえ女性はホルモンバランスの乱れなどから、精神的にも肉体的にも不安定になります。ただ財布問題を解決しておかなければ、子育てへの不安プラス金銭的な問題まで抱えることになってしまいます。

財布が別々の共働き夫婦のターニングポイントは、大抵子供が生まれた時です。しかし、子供ができてからお金の割り振りを決めて揉めるのは思った以上に辛いことです。

子どもを作ろうと思った時、もしくは結婚した時など事前に『子供ができたらどうするのか』を話し合っておきましょう。

スポンサーリンク

夫婦の貯金額をしっかり決めておく

子供の有無にかかわらず、車や家と言った大きな買い物をするときに家計のあり方が問題になることもあります。二人の家計を一緒にしても別にしても、共働きだとついついお金を使ってしまいがちだという夫婦も多いのです。

ポイントはしっかりと二人で将来設計を立てることです。

家を買う、車を買う、子供を作る、老後の資金など考えるべきことはたくさんあるはずです。それらを購入するのに一体いくらくらい貯金して行けばいいのかということを、しっかり考えて二人で話し合い、長期的な目線を持って家計を管理していくことです。

長期目線を持つことで、月々二人でどれくらい貯金すればいいのかもわかってくるでしょう。

仕事が忙しくても夫婦で話し合いの場を持つ

夫婦間でのお金の問題は、放っておけば放っておくほど解決しづらくなってきます。なぜなら『自由にお金を使うことができる』というのは非常に魅力的だからです。お互いに気を使わずにお金を使えるメリットや楽さを優先してしまいがちです。

しかし、その楽な期間が長ければ長い程、それを変えようとしたときに戸惑いも苦しみも大きくなってしまうのです。悲しいかな、人間は楽な方に流れていく生き物です。

気楽で自分の自由にお金を使える生活にどっぷり浸かってしまうと、貯金額などに縛られる生活には耐えられないと思ってしまう人も多くいらっしゃいます。

いつかは二人の生活を変えなければならない日が来ます。無理やりでもキッカケを作って話をしてみるようにしましょう。相手が嫌な顔をしても、諦めずに話を続けることです。

なぜなら今の時点で嫌がるなら、後に伸ばせばもっと嫌がることは目に見えてわかっているからです。また一度折れると、今回上手くいったから次も折れてくれるはずだという嫌な流れができてしまいます。

目先の『楽』に囚われて、後々の『苦』を増やしてしまわないように、夫婦の未来を見つめて建設的な話し合いを行いましょう。

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.