夫の浮気から巻き起こる修羅場!よくある3つのパターン

モラハラ・DVの癖がある

更新日:

夫の浮気相手が乗りこんでくる

夫の浮気から巻き起こる修羅場の場合、一番よくあるのは浮気相手が家庭に乗りこんでくるというパターンです。

浮気されたとき男性は浮気した女性に憎しみを向けるのに対して、浮気された女性は浮気した男性でなく浮気相手の女性に憎しみを向ける傾向にあると言われています。浮気相手の憎しみは主に女性である妻に向くことも多いのです。

浮気相手が乗りこんでくる理由は様々ですが、最も多い2つを紹介します。

スポンサーリンク

01.「夫と別れてくれ」という理由

妻と別れる気はないけれども浮気相手ともうまくやりたいと考える男性は非常に多いので、男の煮え切らない態度に業を煮やした浮気相手が家に突撃してくるのです。

02.「とにかく妻に真実をばらして男の家庭を壊してやろう」という理由

浮気相手が、不倫する苦しみで精神的に追い込まれている時、浮気相手は再婚したいという気持ちではなく、どちらかというと夫婦を傷つけること、家庭を壊すことを目的に動いています。

この二つのパターンが多いですが、他にも浮気相手に子供ができた時やお金が欲しい時などもせっぱつまって乗り込んでくることがあるようです。大体の女性はそこまで思い詰めてはいないでしょうが、時々本当に危険な考えを持っている場合もあります。

身の危険を感じたなら、ひとまず乗り込んできた女性のいうことを聞くふりをしてその場を穏やかに済ませるようにしましょう。相手が女性だからと言って、何もしないとは限りません。またあまりぞんざいに対応すると、女性の憎しみは子供に向くこともあります。

妻と浮気相手で話し合って解決することはほとんどありませんから、まずは夫を交えてお話しましょうと伝え、落ち着いて対処するようにしましょう。

義理の両親がはっちゃけてしまう

義理の両親と妻の関係が上手くいっていないときなどに、義理の両親がはっちゃけてしまい修羅場に突入するパターンもあります。いわゆる子離れできていない親なども同様におかしな行動をすることが多いです。

例えば義理の両親が「夫がこれだけ言うのだから、別れてあげてほしい」と言い出したりするのがこのパターンです。これだけでも厚顔無恥で恥知らずな発言ですが、更にエスカレートすることがあるのがこのパターンの恐ろしいところです。

傷付いている妻を「夫を自由にさせてやらない酷い女だ」などの暴言で責めたり、「浮気相手の女性の方が家の嫁にふさわしい」などと浮気相手を持ち上げることを言い始めたりします。

とにかく、義理の両親は無視してまずは夫の気持を確かめることです。夫が別れたくないといっているのか、それとも両親の尻馬に乗って別れたいと言い出すのか。冷静に夫の様子を見極めます。

その後から自分の気持ちをゆっくり考えればいいのです。どうせ有責配偶者からの離婚はできません。離婚届の不受理届を出しておいて、のんびりと自分に向き合いましょう。義理の両親のいうことは流して気にしないことが一番の方法です。

スポンサーリンク

両家や友人、浮気相手の家族を巻き込んでの大騒動に!

最大の修羅場は巻き込まれる人数が多くなってしまうパターンでしょう。夫の味方に付く人、自分の味方に付く人、野次馬、さらには浮気相手の家族や味方などまで加わって、収集が付かない状態になってしまうのです。人数が多くなればなるほど、当事者の気持を正しく認識してもあるのは難しくなります。

自分の意志とは反してどんどんと騒動が大きくなってしまったときは、自分達の力だけで問題を収集させるのは難しくなります。こうしたときは、いっそ全くの他人を入れて場を取り仕切ってもらうのが良いです。

例えば結婚式の時の仲人や弁護士など、とにかく中立の立場にある冷静な第三者を加えなければどんどんと話はややこしくなってしまいます。話しが大きくなってしまった時は、自分達だけでどうにかしようとせずになるべく問題にならないうちに他の人に助けを求めましょう。

友達にバレずに出会いが見つかるアプリ♪
マッチングアプリは知り合いに秘密で使えるのが一番のメリット!
涼しくなって人肌恋しくなる季節、ひとりだと寂しくなりますよ
新しい出会いでキュンとするような恋をGETしてください★☆ 今人気が高いマッチングアプリを3つ紹介しますね。

おすすめ

pairs

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.