旦那の浮気による慰謝料請求Q&A

夫に慰謝料を請求する

更新日:

Q. 旦那の浮気による慰謝料の相場額は?

芸能人の慰謝料は非常に高額なことが多く、テレビなどで見て慰謝料ってこんなにもらえるのか!と驚いた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし芸能人の場合は人気商売であり、離婚によって芸能人としてのブランドに傷がつくこともあって慰謝料が高額になりがちなのです。

では一般家庭の場合、夫の浮気で離婚となったときの慰謝料は一体いくらくらいが相場となるのでしょうか?配偶者の浮気による離婚の場合、慰謝料の相場は大体50万円~300万円だと言われています。

かなりばらつきがあることがおわかりいただけたでしょうか?浮気の慰謝料は固定額が決まっている訳ではなく、ケースバイケースで判断されているのです。

例えば、夫の浮気が長ければ長い程、慰謝料の額は高額になっていく傾向にあります。他にも夫が愛人を何人も作っていたり、愛人に入れ込んで家庭にお金を入れなかったりすると慰謝料の額は上がります。

つまりは裁判官に配偶者の浮気が「悪質だ」と思わせることができれば、慰謝料の金額は上がるのです。

逆に集めた証拠が弱かったときなどは証拠不十分となり減額されてしまうこともあります。

できれば証拠集めは自分だけで行わず弁護士の先生や、浮気の証拠集めという点ではプロの探偵社や調査会社に頼んだり、集めた証拠をチェックしてもらったりという事前準備を行っておいた方が安心です。

スポンサーリンク

Q. 離婚しない場合も慰謝料は請求できる?

慰謝料と言うと『離婚』という言葉がセットで浮かぶと言う方も多いのではないでしょうか。しかし、実は離婚しない場合でも慰謝料を請求することは可能なのです。その時の相場は大体20万~150万円だと言われています。

離婚しない場合と比べてかなり金額は下がってしまうことが多いです。離婚という不利益を被っていないと判断されるのです。

それでも金額の大小に拘らず、慰謝料を取っておくことはけっして無駄ではありません。一度はやり直したものの、やっぱり夫とは離婚したくなることもあるでしょう。

そんなときに、過去に夫が浮気をしたという証拠を慰謝料という形でしっかり残しておくことで、離婚時に有利に働くことがあります。基本的に、浮気はその事実を知ったときから三年が時効だとされています。

浮気の証拠をどれだけ握っていても三年経ってしまうとその事実は過去の事として処理されてしまうのです。

その点、弁護士などを通してキッチリ法的に処理しておくと記録はいつまでも残ります。やり直すときまだ不安があるなら保険として、形だけでも慰謝料を取っておくと良いかもしれません。

Q. 旦那だけじゃない、浮気相手にも慰謝料を請求できる?

女性の怒りは女性に向くと言われますが、夫の浮気相手である女性に対して怒りが収まらない方もいらっしゃるのではないでしょうか。どうしても腹の虫がおさまらないときは合法的に復讐するしかありません。

浮気相手の女性にも慰謝料は請求できますから、慰謝料を請求してしまいましょう。金額は50万~200万位が相場とされています。離婚しない場合は夫の場合と同様に金額が下がります。

ただし気を付けて欲しいのですが、例外として浮気相手に慰謝料請求できない場合もあります。それは浮気相手が『夫が既婚者だと知らなかった場合』です。

このときは浮気相手の女性も夫に騙された被害者と言う立場になるので、妻から請求することはできなくなります。

浮気相手の場合、きっちり慰謝料を取ることでケジメを付けさせるという意味合いもあります。またお金を請求することで夫に残っていた気持ちを払しょくさせることが出来ることもあります。

どうしても納得いかないときは、弁護士の先生に浮気相手への慰謝料も含めて相談してみましょう。

スポンサーリンク

慰謝料とはそもそも何?

離婚問題だけでなく、よくニュースなどでも耳にする言葉『慰謝料』。ご存知だとは思いますが、慰謝料とは何かということを念のため書いてこきます。

慰謝料と言うのは簡単に言うと『精神的損害に対する損害賠償金』のことです。身も蓋もない言い方をするならば、夫の浮気による傷付いた心をお金に換算した金額ということです。

本当に稀にですが、慰謝料というものは必ず男性が払うものだと思っている方がいらっしゃいますが、そんなことはなく女性が浮気して男性から訴えを起こされた場合は、女性が支払うことになります。

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.