妻の浮気による慰謝料請求!お金はあなたを裏切らない

慰謝料をゲットして喜ぶ男性

更新日:

慰謝料を取るためには

まず、夫が慰謝料を請求できるのは妻とその浮気相手です。ですが、浮気相手は妻が既婚者であることを知らなかったときは、慰謝料を取ることができません。また妻は浮気相手に配偶者がいた場合、その配偶者から慰謝料を請求される可能性があります。

慰謝料を取るために必要になるのは『不貞行為の証拠』です。浮気の証拠ではなく、あくまで『不貞行為』でないといけません。例えば妻の携帯メールを見て「大好き」「また会おう」などという単語が並んでいたとしても、それで慰謝料を取れるかと言われると微妙です。

慰謝料を取るためには妻と浮気相手との間にカラダの関係があったことを立証しないといけません。また妻の自白だけで慰謝料を取るのも難しいです。相手に弁護士を付けられると自白強要などと言われて、覆されることもあります。

確実に慰謝料を取ろうと思ったら、誰の目から見ても不貞行為があったのだとわかる証拠が必要なのです。
例えばホテルに入っていく写真も一回分では証拠として弱いので、数回分必要です。逆に行為中の写真などは強い証拠になってくれます。

慰謝料を取ろうと思ったら、こうしたカラダの関係があったことを示す証拠を集めることからはじめましょう。

スポンサーリンク

慰謝料の相場

大体浮気の慰謝料は50万~300万位が相場だと言われています。浮気の期間が長ければ長い程、高い金額になる傾向があります。ちなみに離婚しなくても妻や浮気相手から慰謝料を取ることができます。ただしその時はかなり額が下がり、数十万程度になることが多いです。

とはいえ慰謝料の請求額はいくらに設定するも、請求側の自由です。浮気相手が穏便に済ませたいときは言い値を示談金として払ってくれる場合もありますから、最初は少し高めに設定しても良いでしょう。

示談にならず揉めれば協議離婚、調停離婚となりますが、きちんとした弁護士を付けて証拠をしっかり押さえておけばまず負けることはありません。慰謝料を取るのはお金の面だけでなく、相手が浮気をした有責配偶者だという証拠をしっかりと残す意味合いもあります。

離婚しない場合でも妻に少額慰謝料を払わせておくと、後々再度浮気などがあって離婚するときも有利に働いてくれます。

財産分与とは

慰謝料とセットで最近よく聞くようになったのが、財産分与です。これは夫婦の共同財産を離婚時に二人できちんと分けましょうということです。慰謝料や不倫の有無とは全く関わりなく、それまでの夫婦での生活や収入にどれだけ貢献したのかということが論点になります。

浮気問題とは全く別の問題になりますから、妻が浮気したから減額されるということはありません。

ただこちらは専業主婦なのに家事放棄されていた場合、浮気相手に貢いで浪費されていた場合などは証拠を示すことができれば、夫側の取り分が優遇されることもあります。

逆に男性側の浪費などが認められると妻側に多く配分されることもあります。家事放棄や浪費などの証拠は離婚問題とは別にしっかり押さえておきましょう。

スポンサーリンク

お金のことはキッチリしておく

他にも子供がいたら養育費の問題なども加わってきます。相手がごねなければ良いですが、悲しいかな大抵離婚時に揉めるのは子供かお金に関することでしょう。お金のことを曖昧にすると、離婚後も後々まで揉め事の種になります。弁護士に頼む、公式文書にするなどできることは全てこの機会にやっておきましょう。

お金で心の傷は癒えないと思うかもしれませんが、取れるものは取っておくに越したことはありません。
なにより相手が悪かったということをしっかり記録として残しておくことが一番大切です。

後に再婚することになったとき、子供のことで揉めた時、客観的な記録を残しておくことは必ずあなたの強みになってくれます。面倒かもしれませんが、お金にまつわる問題は必ず離婚時に解決しておきましょう

《2017年下期 待ち受ける運命日を知る方法》
私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。
『恋と運命の真実』では、2017年下期にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく教えてくれます。
今なら、『全員無料』鑑定してもらえます。
近日中に起こる運命を知りたい方は、今すぐ期間限定『全員無料』をお試しください!

おすすめ

pairs

関連記事

Copyright© LOVE戦場[ラブセン] , 2017 All Rights Reserved.